大阪屋 プレミアム生チーズブッセ / 試食でいただいた、ご恩返し。

「大阪屋」さんと言えば、新潟県民なら馴染みのお菓子屋さん。

馴染みも馴染み・・創業は安政5年とのこと。安政ってことになりますと「安政の大獄」や「桜田門外の変」江戸の末期ですよね。 西暦で言うと1858年! 現代が2017年ですので「159年前」(計算合ってますでしょうか?)となりますね。

安政5年、初代岡嘉平が越後新潟にて浪花堂大阪屋を創業

初代、岡嘉平は、当時、彦根藩領であった近江の国犬上郡石畑村(現滋賀県犬上郡豊郷町石畑)に生まれ育ち、長じて志しを立て、大阪に出て菓子修行を行いました。これが社名の由来と伝えられています。その後越後新潟に移り住み、現・新潟市横七番町通に菓子舗を構え「浪花堂大阪屋」と号したのが安政五年(西暦1858年)のことでした。

大阪屋 公式HP  会社案内より)

「新潟なのに大阪屋とはこれいかに!?」と思ってましたが、そういうことなんですね。

大阪屋といえば、「万代太鼓」が一番人気の商品でしょうか? 案外、「葡萄紀行」も好きですが、、、最近一押しなのが「ブッセ」・・・しかも、「プレミアム生チーズブッセ」ってのを推してるようでした。

大阪屋 サービスで貰った2017-01-23 014

今年の初め、燕市(分水地区)の「大阪屋 分水店」で、自分のお客さんのところへの手土産に、シュークリームを買いに行った時に、当時新発売だったこの「プレミアム生チーズブッセ」二つほど試食にいただきました。

現在は、同居家族が3名の為、家に持ち帰りますと喧嘩の種になるやもしれないので、二つとも独りで食べちゃうと言う「思いやり」行動。

「無料(ただ)でモノをくれる人が好きだ! しかも、食べ物だったら大好きだ!」と言う、座右の銘?を書にしたため、常に床ノ間に飾ってるくらいですので(ダウト!)、確実に、ご恩返しの意味で今回ご紹介させていただきました。

自家製練乳を使った軽く口溶けの良いバタークリームに、濃厚でミルキーなナチュラルクリームチーズをブレンド。さいのめカットのプロセスチーズをたっぷり入れたそのクリームを、もっちりとした生地でサンドしました。
要冷蔵タイプで、よりチーズ味を楽しめる特別なブッセです。

大阪屋 公式HP  商品のご案内より)

実際にいただいた感想は、「サイコロなプロセスチーズの塩っけと、クリームの甘みの相反ハーモニーの妙。」でした。(うん、だいたい、公式HPの内容と同じだよね?)

最後に、「てか、ブッセって何んだ?」と言う、ご質問にお答えいたします。

ブッセ(仏:bouchée)とは、菓子の一種。
フランス語で「ひと口」という意味(フランス語の発音は「ブーシェ」)であり、フランスではひと口サイズの温オードブルを指す。
日本ではビスキュイと呼ばれるケーキの一種で、クリームやジャムをはさんだ焼き菓子となっている。ビスキュイは、ワッフルやどら焼きと違い、しっとりとせずにさっくりとしているのが特徴である。

Wikiより)

へえ~・・・でも、ひと口で食べるには、大きすぎるサイズやも知れない。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所(大阪屋 分水店):燕市分水学校町2丁目9-52 

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。