日清食品 麺ニッポン 八王子ラーメン / 帰ってきた変わり種、カップ麺シリーズ その2。

正直、福耳・・・いや、空耳(アワー)・・・いえ、初耳だった「八王子ラーメン」。

八王子ラーメン2017-02-02 001

パッケージには、「約50年の歴史をもち、子供からお年寄りまで地元で長く愛されいる八王子ラーメン。醤油スープに、きざみタマネギの食感と、その甘みを引き出す油をご堪能あれ。」とのこと。

八王子2017-02-02 007

きざみタマネギの表現力が、なかなか凄かった!! 正直、そこだけ だったり、なかったり。

さらに、 日清食品の商品紹介ページでは、

八王子ラーメンで町おこしをしている八麺会の3つの定義に従って商品化。タマネギの食感とその甘みを引き出すラードが特徴です。

・・・とあります。

3つの定義?

あ、パッケージを良く見ると書いてありますね。

  • 定義その1 きざみタマネギ入り
  • 定義その2 醤油ベースのたれ
  • 定義その3 表面を覆っている油

ほげっ?! その定義を読んだだけなら、燕背脂もその定義に則しておるではありませんか? ただ、浮いてる「油」が、固形か溶解かで大きく違っていますね。八王子ラーメンは溶解した油のようです。

そうだ! 燕市には「八王子」って地名もあるしね!!

・・・あ、いえ、「八王寺」違いでした。w(変換で、燕の八王寺を八王子と、ちょくちょく間違えます。燕あるある。)

ちなみに、燕市の佐渡・・・サドでなく、マゾ・・・あ、いえ、サワタリです。

ちなみに、ちなみに、燕市で一番読めない地名が「廿六木」。

・・・さて、なんて読むでしょうか?

ヒントは、「読み方を知った時に、きっとおどろきます。とても驚きます」。

答えはこちらをドラッグ or クリック! → とどろき

ごちそうさまでした。。

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 毎度、お世話様です。
    なるほど、八王子ラーメンですかぁ。
    以前、テレビで関東地区のラーメン特集の番組を放送していた際に、八王子ラーメンが登場していたのを思い出しました。
    確かに燕市にも八王寺という地名はありますね。
    ユキヒロック様の記事を読むと、ついラーメンが食べたくなってしまいます。

    ではこれから廿六木の福来亭白山町店に行って来ようかな。

    1. 福来亭の白山町店 いいですねぇ~ 楽しんで来てください。レッツエンジョイ福来亭♪♪

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。