燕市 飴屋本舗 モンブラン / 黄色くないマロングラッセな、お洒落モンブラン。

ども、実は「今日からスウィーツ男子」こと、ユキヒロックです。・・・ええ、スウィーツ男子って顔じゃないっすね。自分に甘いっのは、体つきを見れば一目瞭然ですけど。(^_^;)イタタタ

てか・・・「おいおい、甘いのは血糖値だけにしときなよ、YOU!」・・・なのは重々承知の助です。お酒も呑みますが、甘いものも嫌いではありません。
酒好きを「左党(さとう)」と言いますが、「砂糖」の方もイケるくちなのです。(そういう駄洒落ばっかだと、苦情が殺到(さっとう)しちゃうとか?)Wさとう。まえだまえだ風に言えば、さとうさとう。(^_^;)

お仕事の関係で、スウィーツ好きのお客様から「燕市のサンロード宮町の飴屋本舗さんのモンブランが美味いんですよぉ~」と出していただきました。美味しいコーヒーを添えて。

燕市 飴屋 モンブラン 2017-02-04 001

子供の頃から、モンブランは大好きなケーキでしたが、私の知ってるモンブランは、黄色いクリームで、ソフトクリームみたいに巻かれているタイプだけど、こちらはブラウンなブラウニーなクリーム(なんで、言い直した?)が、縦横に織り目をなして乗っかるお洒落モンブランです。

主役の? 栗は、中に入っていて、食べ慣れた甘露煮の栗ではなく、シロップ漬けのマロン・グラッセですね、たぶん。

えっと、えっと、、、美味しいのはわかるのですが、専門外なので上手いこと説明できません。上手く言えないと・・・悶々とします。悶々で・・・悶ブラン?!

「飴屋さん」は、創業が明治4年とのことで、もともとの和菓子屋さんから、今の店主が洋菓子を始めたとのことで、現在は和洋中(いや、中はない!)のお菓子屋さんとのことでした。しかも、洋菓子の方が人気出てきているとの話をお聞きしました。

サンロード宮町のアーケードを撤去されて数年経ちますが、やっぱりどうも寂しいですね。

では、ここでなぞなぞです。(あくまで、なぞなぞ)

Q.アーケードの屋根の色は何色だったでしょうか?

答えはこちらをドラッグ or クリック! ↓
 アーケードの屋根は、あ~け~ど!赤~け~ど!で、赤でした。

実際のサンロード宮町のアーケードの屋根は、写真などを検索して見た限りでは「透明」でしたね。(^_^;)  あくまで、「なぞなぞ」ですからね。「(屋根だけに)あら、や~ね~」とか言わないでぇ~。

ちなみに、黄色いモンブランは、日本独特のようです。詳しくは、パティシエントマガジンの記事に詳しく書いてありますので、ご興味のある方はご一読を。

洋菓子の四天王 モンブランの歴史 | PATISSIENT(パティシエント)

日本のモンブランの歴史はハッキリしてるようで、東京の自由が丘にある「モンブラン」と言うお店の初代店主 迫田千万億(さこた ちまお)さんだそうです。商標登録をしなかった為に全国に広がったそうです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市燕4464(飴屋本舗)

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。