おやつカンパニー ベビースター パンメン オリーブソルト味 / パン生地で作った新食感!

ベビースター パンメン2017-02-09 005

パン生地で作ったベビースター。味もお洒落&へールシーチックな「オリーブソルト味」。

結果、、、蛋白な味・・・違った淡白な味と食感に・・・撃沈。(^_^;)

敗因は、そもそも「ベビースターに、ヘルシーさとか求めていない」のかも知れない。とか思いつつ、パンメン自体は継続販売されてるようですが、すでにこの「オリーブソルト味」は販売されていないようですね。

おやつカンパニーのオフィシャルHPをチェックしてみますと、現在発売されてる味は「やさしいチキン味」「オニオンコンソメ味」「チーズ味」の3種。やはり随分、濃厚方面に路線変更されています。やはり、日本人は濃厚民族ですからね。 あ、いえ、農耕民族か? No耕!

そもそも、学校給食麺の製造から、ミニカップメンの製造を始め、その製造工程で発生する「麺のかけら」をスナック歌詞(カラオケの方やないですか!)・・・いえ、スナック菓子にしたのがベビースターラーメンの始まりだそうです。

1950年代当時、当社では即席めんを天日干しで製造していました。 そのときに麺のかけらがこぼれ落ちるのを見た創業者(故・松田由雄)は「もったいない」と思い、集めた麺のかけらに味付けをして、おやつとして従業員に配っていました。
そのおやつが評判となり、従業員や話を聞いた近所の方々が次から次へとその麺のかけらを欲しがるようになると、製造中にこぼれた分だけでは足りなくなりました。

(おやつカンパニーのオフィシャルHPより)

ちなみに、30円サイズの「ベビースターラーメン ミニ(チキン)」に入っている23グラムの麺を一本につなげると、なんとおよそ7メートルもの長さになるそうですよ。7メートルのベビースターを想像すると、なんだか・・お菓子い・・・可笑しいですね。

 では、ここで問題です!! 大盛りクイズ♪

ベビースターの会社は、1993年に「株式会社 おやつカンパニー」に社名変更をしました。では、以前の会社名はなんだったでしょう?

答えは、こちら!(クリックまたはドラッグ)→ 松田食品株式会社

(せ~の!) 知らんがなぁ~♪

てか、随分と思い切りましたねぇ~・・・思い切ったと言えば、今年2017年にキャラクターも思い切って変更しましたね。

2代目は中華な感じのキャラ「ベイちゃんと、ビーちゃん」でしたが、3代目は随分とチャラいHIPHOPERな「ホシオくん」になりました。まだどうも馴染めませんが、新商品もハジけた感じになって面白いは面白いです。

2017年4月1日のエイプリフールのネタとして、「3.5代目 新キャラクター」の発表ってのがあったようです。その嘘キャラクターの壁紙がダウンロード出来るので良かったらDLしてみてはいかがでしょう?

ごちそうさまでした。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。