新潟市西区 心一家 らーめん / 新世紀!横浜家系ラーメンを新潟に伝えたお店

「車って何に乗ってんだ? 普通車か?」
「いえ、軽です」

・・・家系です (^^ゞ

心一家の外観(移転後の新店舗)

亀田にあった、横浜家系ラーメンを新潟に伝えたお店と言っても過言ではないと思われる「心一家」が、西区ってか、黒崎って言ったほうがわかりやすいかと思うのですが、国道8号沿いのテナントビルの1階に移転オープンしました(ごめんなさい、1年も、1年半前の記事ですのでご容赦ください)。

ラーメン自体は基本的に変わりませんが、お店がカウンター中心で狭くなったので、繁忙時間帯はきっと行列覚悟と思われます。

心一家の豚骨醤油らーめん

モチモチっとした食感の黄色い太麺、豚骨醤油ベースのスープにはチー油(鶏油)が浮かぶ。麺の固さ、醤油の濃さや脂の量を指定できますが、基本的に塩が尖ってるお味。

スモーキーなチャーシュー、大きな海苔、ホウレン草と、シンプルだけど「これぞ家系!」な感じ(実は本場でいただいたことがありませんので、知ったかぶってみました。ごめんなさい)。

関東に出張が多かった仲間が、「横浜の六角家で顔見知りになった店員さんが亀田でお店を始めた」ということでこちらに連れて行ってくれたのが、私の「横浜家系はじめて物語」なのでした。

最初は注文方法が難しく感じて、初めてマクドナルドで注文する時以来の緊張感。「キャベチャーも頼まないとダメじゃん!(ハマっ子チックな語尾)」って教えられていたので、初キャベチャーもその時でした。

正直、「えー?塩っ辛いなぁ・・・」というのと、鶏油のインパクトに驚きました。

私にとっての家系ファーストインパクトはこちら心一家でしたが、セカンドインパクトは元祖・吉村家の直系!を謳う上越市の「上越家」。似てるけど、またひと味違った美味しさでした。

ゼーレによる家系補完計画、いや、語呂的に「麺類補完計画」と呼びましょう、の進捗状況はいかほどか? 主演は、碇シンジ改め碇シンイチ。心一家だけに・・・

(エヴァの知識も浅い癖にナマ言ってすんませんでした)

最近、家系、家系とあまり聞かなくなりましたが、これは流行りが廃れたのではなくて、新潟でもラーメンのカテゴリーとしてすっかり市民権を得た、ということかもしれませんね。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西区山田662-3 和泉ビル 1F

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。