長岡市 麺の風 祥気 あっさり鶏つけそば / 発表!大盛りにおける逆小顔効果理論

祥気(しょうき)の意味を調べますと、「めでたい気配」とのこと。縁起の良い店名ですね。

長岡市・国道8号線沿いの「らーめん三昇」で修行された方のお店と聞いていたので、デフォのラーメンは背脂かと思っていたのですが、真逆のアッサリで驚きでした。言い換えると、ショッキングでした。

わかりにくかったでしょうか?

もう一度言います。祥気ング、でした (^^)>

よし、今日の仕事終了~(駄洒落ブログとしての)。実は、最初に「ショウキの沙汰とは思えない!」ってのを思いついたのですが、あまり良い感じの言葉でないので自粛しました(結果的に使っちゃいましたが・・・、あくまで説明のため、ということで)。

話を戻して、「あっさり鶏つけそば」です。

麺の風・祥気のあっさり鶏つけそば

ピントが合ってませんでした・・・。

あっさり鶏つけそばの麺(上にチャーシュー、海苔、メンマ具が乗る)

麺の上にはチャーシューなどが。

麺はモチモチかつシコシコ(表現が相反してませんか?)、多加水チック。麺を味わう「つけそば」には似合っていると思います。

つけ麺については、ごく最近になってようやく食べ始めたので、あまり良くわかっていません。そんなに強く印象に残る感じはなく、たしかに「あっさり」だなぁ~、と思うに留まりました。

本当は「濃厚」の冠が付いたほうのつけ麺をいただきたかったのですが、数量限定で、この後も何度か行ってますが未だにありつけておりません。濃厚の写真を見ると凄く美味しそうなので、ぜひ食べてみたいです。

ところで、つけ麺は、スープのほうにトッピングが入ってるパターンと、上の写真のように、麺のほうに具材が乗ってるパターンとがありますが、見た目は断然、後者が良いと思います。

具材がスープにインしてると食べやすいのですが、汁の中に隠れてしまう分、ビジュアル面では不利かな、と。つけ麺歴が短い私が言うのもアレですが、具材を見せてアピールしたほうがより効果的と思います。

また、オオモリストもしくはオオモラーとしての見地から言わせていただくと、大盛りは、大きな丼を使わずに、普通サイズの丼にタップリ盛ったほうが、より「大盛り感」が出ます。

器のサイズで大盛り具合が違って見えるのです。髪型により顔の大きさが違って見えるという、いわゆる小顔効果の逆? 

これを「大盛りにおける逆小顔効果理論」と名付けましょう。ノーベル賞、間違いなし!

・・・いえ、もらえるのはせいぜい「ノーデブ賞」でしょうか?(笑) Oh! No!

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市寺島町729
Facebookページ:麺の風 祥気

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。