三条市 来来亭 三条店 あっさりラーメン / 京都からの刺客、、、現る。

自分の定番は、「こってりラーメンのネギ増し、麺固め、あとは普通。・・・いや、情熱だけは抜かないでください!!」です(笑)。

来来亭三条店の外観

背脂抜きとか辛味抜きとかオーダーできますが、メニューに「情熱だけは抜けません!」と書いてあって、店員さんはおそらく冒頭の私のような野暮な人との無意味で不毛なやりとりにうんざりされているのではないか、と思われます。

いつもはこってりなのですが、「あっさりラーメンのほうが鶏出汁の本来の美味さが堪能できる!」という噂を聞いて、今回、初めて頼んでみました。

来来亭のラーメン(具はチャーシュー、青ネギ)

が。

「・・・あっさりちゃうやん! (^_^;)」

確かに、こってりラーメンのようにスープが白濁しておらず、あっさり醤油鶏出汁のスープに背脂が浮く仕様ではあります・・・。文字通りの「あっさり」を求めるなら、背脂抜きで頼めば良かったのだろうか? でも、情熱は抜かないでください! って、もういいか。

麺は、あっさりもこってりも共通の低加水気味な極細麺。薄切りのチャーシューが多め。辛味がポイントになってます。

セントラルキッチンのチェーン店とは違い、各店でスープを取る「暖簾分け制」とのことで、独立するともれなく高級外車に乗るという「ラーメン・サクセス」を掴む方式。

接客も気合いと言いますか、情熱に満ち溢れています。

来来亭のラーメンとランチタイムの無料ライス(大)

セットものが充実していますが、ランチ時の無料ライスで十分です(大・中・小の選択可能なのが嬉しいけど、迷わず大しか頼んだことない)。沢山のってるチャーシューがオカズになる感じ。

卓上の梅干しも良い。ライスのお供にもなりますし、背脂の後口をスッキリさせても良し、梅干しをラーメン丼に投入するも良し。

これだけのクオリティーだと、京都ラーメンに馴染みのない新潟で市民権を得るのも早く、しかも、県央地域ではさらに加速的に受け入れられてる気がします。「背脂」という共通点があるからでしょうか。

三条にもできてくれたのは嬉しいけど、タイトルを付けるならば「京都からの刺客、、、現る」ですな。

ここは刺客と争うのではなく、逆に同じく京都発の「天下一品」にも三条市に出店してもらって、「ここは京都三条」という自虐的ギャグにするのもありかもしれません。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市荒町2-448-3

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。