魚沼市 らーめん まる井 / 丼の底に、石ふたつ。

国道17号沿いなので、ずっと目にはしてきましたが、他に行ってみたいお店が多い魚沼市小出地区(旧・小出町)なので随分と後回しになってしまいました。

らーめんまる井の外観

背脂らーめん推しのようですが、あえて普通のらーめんを頂きました。

まる井のらーめん(具はチャーシュー・モヤシ・海苔・青ネギ・魚粉)

この地域では黒く濃い醤油色のらーめんが多いのですが、こちらは「赤」という表現が近いように見えます。

動物系のスープに魚粉が乗ってますので、魚介豚骨風のアッサリした感じ。ちょっと独特な異色感あり。

異色!と言えば、丼の底に黒い石ころがふたつ出てきました。「石ころ」と書くと、なんとなく日本昔ばなしみたいですね。・・・石ころがふた~つ出てきたとさ・・・めでたし、めでたし。

食べた後の丼(焼いた石が入っている)

いつまでもスープが冷めないように、焼いた石が入っています。ちょっと歯が欠けますが、少し我慢しながらポリポリ噛ると美味!

・・・。

 う、う、う、、、嘘です (^_^;)  決して真似しないでください(てか、真似できません!)

いろいろ、研究されて工夫されている印象でした。立地も良いからでしょうか、お客さんの入りも上々でした。

ただ・・・いまひとつ自分には・・・お店の推してる「背脂」の方が良かったのでしょうか?

ごちそうさまでした。。

お店の住所:魚沼市中原220-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。