加茂市 パーラー高原 カレーライス / 夏じゃなくても思い出す、加茂の高原。

「夏の思い出」で歌われた、尾瀬。

ウィキペディアによると標高2000メートル級の山々に囲まれていて、尾瀬沼は標高1660メートル、尾瀬ヶ原が標高1400メートルにあるそうのだです。

弥彦山の標高は634メートル(スカイツリーの高さと同じ)ですが、それの2.5倍くらいの標高。てことは、やはり尾瀬は高原なんですね。

「尾瀬は高原」。この際なので、ここで大勢(おーぜー)の皆さんに公言(こうげん)しましょう! ・・・とか? (^^ゞ

で、加茂市の高原と言えばこちらです。「パーラー高原」。

パーラー高原の外観

住宅街にひっそりとたたずむ、老舗感あふれる建物。店内はヨーロッパ調の重厚感ある内装で、山小屋ふうっちゃー、ふう。

高原では、カレーにハンバーグやエビフライなどを組み合わせるのが絶妙なのですが、今回はあえて「カレーライス」オンリーで。

パーラー高原のカレーライス(サラダ、福神漬け、らっきょう添え)

「男は黙ってカレーライス!」です。

高原のメニューは、カレー系の他にスパゲッティ系(高原ではこの表記なのです)、オムライス系とあるのですが、面白いのはチャンポン系の存在。これがなかなか、なかなかの逸品。

パーラー高原のチャンポン

「チャンポン」という名前ですが、いわゆる「タンメン」に近く、野菜がたっぷりで、減塩無化調(低化調?)路線。

ですので、一口目は「・・・アレ? 薄い?」と思うのですが、食べ進むうちに野菜本来の美味しさなどがジワジワ伝わって来る感じです。

お冷が銅製のカップで出てきて、それだけでなんとなく癒やされると言いますか、高原的清涼感が味わえます。ぜひぜひ、長く永く続けていただきたいお店です。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:加茂市栄町11-21

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。