見附市 孫四郎そば 見附店 へぎそば / へぎも積もれば、蕎麦になる?!

我が家と言いますか、我が実家の年越し蕎麦は、こちらのお店の「へぎそば」です。実は、お店の中で食べたことはありません (^_^;)

「孫四郎=まごしろう」と読みます。長岡市を中心に、県内・県外に数店舗あるようです。

孫四郎そばのへぎそば4人前(1升)

物凄く美味しいと言う訳ではないのですが、テイクアウトができて、お値段もなかなかリーズナブルです。一升4人前(写真参照)で2,500円弱くらいだったと思います。

天ぷらを別に頼む時もありますが、年越しの「ごっつぉ」とお酒で、シンプルに蕎麦だけで十分です。新潟県外の方のために説明しますと、新潟では大晦日にごちそうを食べるのです(年取り膳)。

「へぎそば」についても少し説明しましょう。新潟県小千谷市・魚沼地方発祥の蕎麦で、つなぎに布海苔を使うのが特徴です。もともと織物の盛んな地域なのですが、その織物作りに使われる布海苔を偶然、蕎麦のつなぎに使ってみたら良く出来て美味しかったと言われています。

また、器が特徴的で、「へぎ」という四角い木の箱に、ひと口大に丸めて重ねて盛りつけます。へぎは、漢字では「片木」と書くらしいです。

普通は、へぎに複数の人数分を一度に盛り付けます。そのせいなのか数え方も独特で、「五合(二人前)」「一升(四人前)」のように呼びます。価格は一升3,000円前後が平均的でしょうか?

また、薬味はもともとはワサビでなく、カラシだったのだそうです。私も知らなかったです。今度、カラシで食べてみたいと思います。

・・・って、「なんでいきなり年末? 年越し蕎麦の話なんだ?!」と驚かれたでしょう。

旧・大盛りユキヒロック時代から、食べた順番でのんびり記事を更新している間に、とうとう「丸1年遅れ」状態が常になっていました。

つまり、このへぎそばは、2014年の年越し蕎麦なのです。と言うことは、丸1年遅れが「丸9ヶ月遅れにまで追いついた!」ということになります。

わーい!やったー! おめでとう!(パチパチパチ♪)

・・・いや、あけましておめでとう!かい?(ふふふ笑)

これがほんとの「へぎも積もれば、蕎麦になる」。 (^^)v

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:見附市坂井町372-5

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。