燕市 らーめん侍元 魂 (SOUL) あっさりラーメン / 想い出がいっぱい・・・いえ、カイワレがいっぱい。

2回目の登場です。先回はコチラ

新潟市内の人気店「らーめん 侍元(じげん)」が燕に進出。

らーめん侍元 魂の外観

裏にPがあるんですね。裏にPあり、障子に目あり。

寺尾の本店とは少し違う、やや乳白色な動物系と魚介系のダブルスープに、細麺が特徴的。

侍元 魂のあっさりラーメン(具はチャーシュー、メンマ、カイワレ、海苔、タマネギ)

あっさりラーメン680円。特盛りでプラス100円でした。

トッピングは、♪想い出がいっぱい (by H2O) 。・・・いえ、カイワレがいっぱい (^^ゞ

以前やっていた「弐侍元(にじげん)」を進化させた感じ。

この日はたまたまなのか、また本店並のしょっぱさに戻ってる感じでしたが、自分の体調でしょっぱい・しょっぱくないの感じ方が違うせいもあるのかも知れません。

ところで、動物系のだしと魚介系のだしを合わせた、いわゆる「Wスープ」が世に出てきたのは、やはり東京中野が本店の「青葉」からでしょうか?「青葉インスパイア系」という言葉が流行りましたよね(Wスープブームと同時につけ麺ブームの火付け役でもありますが・・・)。

そして、そのブームを更に加速させたのが「麺屋 武蔵」。お洒落な店舗・BGM・間接照明と、「節はナニナニを使って・・・」と自分のお店の情報を公開し、それがインターネットなどでラーメンマニアの心を刺激しました。

武蔵もWスープを世に広く普及させた立役者的なお店だと思うのですが、私には新宿の武蔵で並んで食べた一杯が衝撃的でした。「ラーメン屋」のイメージを変えたと言えるかもです。味だけでなく雰囲気でも圧倒されてしまう感じでした。

あれから15年? もっとかな? 20年近く経ちますでしょうか?

今では普通と言いますか一般的、いや・・・もう「懐かしいなぁ~」くらいなスープになっていますが、今日のラーメンブームは業界を震撼させた「ダブルスープインパクト」あってのもの、なのかもしれません。

あ、やっぱ・・・「♪想い出がいっぱい」じゃん!(笑)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市吉田春日町6-20

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。