長岡市 食事処 せと ラーメン / 非燕スタイル、背脂のオリジナリティー。

小柳ルミ子さんの大ヒット曲、「瀬戸の花嫁」。

「島から島へと 渡ってゆくのよ」という一節が出てきますが、当時は船に乗ってお嫁に行ったのでしょうか?

今では瀬戸大橋も架かっているし、お嫁入りも車か電車で、ということになるのでしょうね、きっと。情緒台無しな感じです。

あ、そんなわけで今回は、長岡市中之島の「食事処 せと」。以前から評判は聞いており、場所は把握していたのですが、なかなか行けずにようやく・・・。

中之島・食事処せとの外観

和風な店構えで、お昼に行ったらなかなか混んでいました。地元の方々に愛されてる感じ。「知る人ぞ知る感」たっぷり。

とりあえず、「ラーメン」を頼んでみることにしました。

せとのラーメン(具はチャーシュー、メンマ、岩のり、タマネギ、長ネギ)

ほほ~、背脂ですか。しかも、岩のり?

でも、麺は太麺ではなく中太な感じで、燕背脂ラーメンを意識はしてるけど全部は染まらない。「染まらないよ。あたしゃ~、染まらないよ~!」 ・・・浅香光代的主張?w

ちょっと思ったのは、「長岡市の吉乃やさんに似てるなぁ~」ってこと。もしかすると、同じ背脂でも源流が違う、南の魚沼の土佐屋からの流れと、北の燕からの流れが、ここらへんで合流してるのかもですね。

合流点てことは、視点を変えると分岐点。つまり、中之島は背脂の分岐点、背脂の瀬戸際。・・・せとだけに~?(笑)

味は独特でして、かなりオリジナリティー高いです。複雑なお出汁。最初からかかっている黒コショーが効いてます。

そして「肉多め」。チャーシューメンではありません、ノーマルのラーメンで、このチャーシューの枚数。

「そこそこ旨い」という、均一的なラーメンがどこでも多い中、久しぶりに独自性の高いお味に出逢えて面白かったです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:長岡市中之島565-89

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。