三条市 菓子処 かつぼ屋 いちご大福 / このいちご大福を知らずして、甘いもの語るなかれ!

この春、衝撃的な「いちご大福」に出会ってしまいました。

40年以上もこの地で生きておりながらこれを知らずにいた、という事実に愕然とし、膝から崩れ落ちるような気持ちになりました。

「なんじゃ!?このいちご大福は!! このいちご大福を知らずして、甘いもの語るなかれ!」

舞台上で腹筋を使って声を張り上げたい台詞ランキング第1位?!だわさ。

ま、ちと大袈裟ですが、マジでビックリしましたよ! 美味いです、旨いです、そして、上手いんです、かつぼ屋のいちご大福。

かつぼ屋のいちご大福

白い求肥(ぎゅうひ)がきれい。

上品な白あんと、しっとりした求肥で、ふんわり包まれた真っ赤な苺。新潟弁だと「いちご」でなく「えちご」でしょうか?(笑)

(非新潟民のために説明しよう! 新潟弁では「い」と「え」の発音を区別しないので、「越後」と「イチゴ」をかけたダブルミーニングなギャグが成立するのだ!)

ちなみに求肥は元々「牛皮」と書いたのだそうです。昔は玄米のもち米を使ったので色が黒く、牛の皮みたいだったから、とのこと。明日から使える豆知識。

いちご大福の具体的な食レポをお伝えするならば、

「甘い、いや、酸っぱい?」
「柔らかいのに苺のサクサク感」
「ジュワーん、とろけるぅ~♪」
「テンション上がるのにほっぺは落ちる~」

みたいな?

あれだね、コピーライティングするのなら、「対義語だらけのいちご大福」。女だらけの水泳大会、的な!! ポロリもあるかもよ、的な!!

期間限定・春限定のお菓子で、1個が170円くらいするみたいです(発売時期は追記もご覧ください)。自分で買うにはなかなか勇気のいる価格ですが、食べてみる価値はありありですよ。

あ、40年以上もこの地に生きてきて食べたことがなかったのは、きっとこの値段だからかも。

ここで一首。

「来春が 待ち遠しくて かつぼ屋の いちご? いえいえ、えちご大福」

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市林町1-1-13
Facebookページ:かつぼ屋

2015年10月30日追記・かつぼ屋の「若桃大福」

秋限定の「マスカット大福」ってのが今日まで、と教えてもらって、お昼休みに寄ってみました。

「午前中で終わりました・・・」とのことでした。ガ~ン。

代わりに買ってきたのが、こちら。「若桃大福」です。

かつぼ屋の若桃大福

求肥に白あんは同じですが、包まれているのは読んで字のごとく「若い桃」。大きめの青梅ほどの桃で、色もまだ青いのですが、味と香りは桃でした。

歯ざわりを残した感じで甘く煮てあるようで、これまた絶妙です。マスカット大福を食べれなかったのは残念でしたが、なかなかの一品でした。総じていちご大福にはかなわないにせよ、美味かったです。ちなみに1個180円でした。

あと、いちご大福の始まる時期を聞いたら「11月20日くらいから」とのことです! てっきり春限定だと思ってそう書いてしまいましたが、案外早いんですね。もう少しの我慢です♪ クリスマスケーキ代わりにいちご大福、ってのも、・・・、いや、それは無いな。

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。