燕市 大むら食堂(本店) 中華大盛り多油 / 背脂は雪のように。

燕背脂ラーメンの雄、燕市の老舗、「大むら」の本店です。

大むら食堂(本店)の外観

古くからこちらを知る方々は「今とは全然違ったんだよ」と教えてくれますが、確かに「大むら支店」とは全然違う「中華」になっています(新潟県外の方のために説明すると、燕背脂ラーメンの文化圏では中華といえば中華そばの略なのです)。

「大むら支店」のほうが、本店の先代のスタイルに近いみたい。でも、現在の本店も、これはこれでまた新しい燕の味になっていて、美味しいと思います。

「中華」670円、大盛りプラス100円だったかな?

大むら食堂本店の中華(大盛・多油)

全般的にやや高めな価格設定が多い燕市にあって、お値段控えめなのが嬉しい。ボリュームもあります♪

スープは案外と「あっさりめ」、味は「甘め」。麺は「固め」で、わりとボソボソ感が残ってますが、そこがまた個性的で好きかも。

具はナルト、玉ねぎ(+長ネギ)、細めのメンマ、チャーシュー。そして、燕背脂ラーメン界では珍しい「ホウレン草」が特徴的です。ネギ増しが無料サービスなのも嬉しい。

背脂の量は無料で指定できますが、デフォでも多め。で、そこに「多油」と注文すると(大むらでは大油・小油でなく多油・少油と書くみたいです)、写真のようになります。

つまり、「♪背脂が 雪のように 積もる麺にぃ~」と、浜省チックな一杯と相成るわけですね(なってませんが・・・)。

平日のみですが、「ランチセット」もおすすめです。半中華、つまり半ラーメンに餃子3個・ライス・サラダのAセットと、半中華に半カレーライスのBセット、そして、以前はレディースセットって名前だったような記憶がうっすらとあるのですが、半中華+餃子2個に杏仁豆腐のCセット、となっています。どれも850円、お得感あります。

そうなってきますと、本店と「大むら支店」との違いも気になるところではないでしょうか? 次回は支店のレポートをお送りしたいと思います。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市小高810-4

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。