三条市 音羽屋 みそラーメン / 三条の「夜の胃袋」を支えてくれています。

最近は上越新幹線燕三条駅の周辺にその地位を取って代わられつつありますが、三条市の古くからの繁華街というか飲み屋街といえば「本寺小路」。通称「まんなか」、略称「ほんじ」。

本寺小路での深夜の〆ラーメンというと、老舗の「たん吉」or「音羽屋」or「らうめん京」あたりでしょうか? 最近では、本格派な燕背脂ラーメンを出してくれる「らーめん どっぽ」という選択肢も増えましたね。

そんな訳で今回は「音羽屋」。繁華街のど真ん中、夜しかやっていないので、基本的にシラフで入ったことがないです。すんません (^^ゞ

名物メニューは「ジャージャーメン」ですが、全般に何を食べても美味しい。・・・酔ってますから、正直、味は良くわかっていないと思うのですが、、、きっと美味く感じられることでしょう。

この夜は何をどう思ったのか記憶にありませんが、残されていた画像は「みそラーメン」でした。

音羽屋のみそラーメン

写真の日付は2015年の4月の初めとなっていますが・・・。う~ん、全く記憶がない (*^^*) ←威張って言うな。

初めての方であれば、辛い辛いジャージャーメンを食べておけば間違いないと思います。マーボーメンも人気ですかね? 餃子も間違いないです♪ 周辺のスナックなどで、こちらから出前を取ることができるお店もありますので、そんな通好みの楽しみ方もアリだと思います。

ちなみに、ジャージャーメンは北京料理の「炸醤麺(ジャージアンミエン)」がルーツで、本来はピリ辛の味付けではないんだとか。韓国映画や韓流ドラマを見ているとジャージャーメンを食べてるシーンがよく出てきますが、韓国のは甘めの味付けで、「チャジャンミョン」と呼ばれるそうです。

また、韓国では4月14日をブラックデーと称して、2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーに無縁だった男女が黒いものを飲み食いする風習があるそうで、ジャージャーメン(てか、チャジャンミョン?)は色が黒っぽいのでブラックデーの定番料理らしいです。

話がそれましたが、三条の夜の胃袋を支えてくれている音羽屋さん。シャキシャキしたお母さんと、面白おかしく小気味よい会話のキャッチボールを楽しむのもまた一興です。末永く、元気で続けていただきたいお店のひとつです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市本町2-3-4

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

    1. あ、音羽屋のジャージャーメンって、「汁有り」も頼めるのですか? 知らなかったです。
      今度、試してみたいです。 かつさん、情報ありがとうございます♪

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。