新潟市秋葉区 中華そば ふじの 新津店 つけそば / 確かに似ているかも、いろいろと。

「中華そば ふじの」の新津店です。夕映えの跨線橋の、というか、ウオロク新津店の近く。

お洒落な外観のお店です。

中華そばふじの新津店の外観

カフェとかイタリアンな雰囲気のところを見ると、以前そのようなお店だったところをリフォームして、木製格子の外壁で和テイストを加えた、とかでしょうか?

この日は「つけそば」をいただきました。

ふじの新津店のつけそば

麺の丼にズームイン。

つけそばの麺(飾りは小口切りのネギ)

黄色みがかった平太麺で、「モッチリ」。

つけ汁はこちら。

つけそばのつけ汁(具は味玉、海苔など)

醤油ベース・魚介強めのWスープで、「アッサリ」な印象。

つけ麺歴が浅いのでアレですが、モッチリアンドアッサリで、普通に「ああ、美味しいです」です。

お値段ですが、つけそばは750円。ノーマルの「中華そば」も680円と、普通。

ですが、それ以外になると・・・。

たとえば、「野菜つけそば」の大盛りは950円ですし、「味噌ちゃーしゅうめん」に至っては千円超え。ですので、メニューをパッと見すると高めに感じます。

ふじのは、だるまや系の「ラーメン亭 孔明」となんだか似ていませんか・・・? と話題になりましたが、そう言われてみたら、確かに店名ロゴとか提供しているメニューとか似ています。でも、そこには特に思い入れとかございませんので、個人的にはそんなに気になりません。

そういえば、燕三条に「麺屋ばやし」ができるようですが、こちらも確かだるまや出身だったと思います。小千谷のばやしには行ったことがあるのですが、大盛り10円増し・特盛り20円増しな点など、すごく「しゃがら」に似ているという印象でした。

吉田には「味我駆」がオープンするなどで、現だるまや系とだるまや独立組系の抗争の火の粉が、県央地域にもジワジワと飛んできているような気がします。

え? 別に戦ってはいない? そうなのかなぁ~。財界ナントカの読みすぎでしょうか? (^^ゞ あの雑誌を置いてあるラーメン店多いもので、ついつい。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市秋葉区美善1-13-12

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL