見附市 らーめん勝 今町店 つけそば / 北-21と、八幡平ポークの秘密に迫る。

見附市・国道8号沿いにある「らーめん勝(まさる)今町店」。

こちらのデフォは燕背脂系の「中華そば」ですが、今回はなんとなく珍しく「つけそば」をオーダー。

振り返れば、2014~2015年は、自分の中で「つけ麺元年的」な位置づけになってると言っても過言・・・ですが、苦手意識のあったつけ麺に対して果敢にチャレンジしていった年でした。

らーめん勝のつけそば・面の丼(普通盛りと大盛り)

左が普通盛り、右が大盛り。何故かモヤが掛かっていますね。レンズが汚れていたのかも。

上の写真ですが、間違い探しクイズっぽく見えますね。

「大盛りは器の大きさが違う?」
「普通盛りは麺が見えてない?」
「普通盛りはモヤシなのに、大盛りは岩のり?」・・・ 

正解は、「デブなのに大盛り頼んでること自体がそもそもの大間違い」ですから! 残念! いまどきこのネタかよ斬りぃ~♪

普通もりのつけそば(具はチャーシュー、メンマ、もやし、削り節)

普通盛りにズームイン! 「大物女優さんかな!?」ってくらいにシャがかかってます。

つけそば大盛り(具はチャーシュー、メンマ、岩のり、削り節)

大盛りにもズームイン! ただのピンボケなのですが、ちょっと色っぽい感じです。

鰹節が乗ってるのが特徴的でしょうか? 麺は丸と四角の中間くらい?の形状で太麺ですが、燕背脂系の中では細い方になるのかもです。自家製麺のようです。

つけ汁の写真を撮ってなくてアレなのですが、基本は背脂の中華そばのスープに酢を入れた感じだったと思います。

結論を申しますと、「普通に温かい中華そばを頼めば良かったかなぁ~・・・」です(モトモコモナイデショ)

もともとは、「らーめん潤」さんから独立した?暖簾分けした?フランチャイズ的な流れだったと思いますが、潤と確かに似ています。

そして、看板にある「北-21」とはなんぞや? 調べてみたら、小麦粉の名前のようです。「ラーメン専科北-21」という中華麺用粉で、北海道産小麦100%なのだそうです。ネーミングの由来はわかりませんが、札幌市内の住所かも? 一般の人でも通販で買えるみたいなので、届いたら歓喜の声がもれることでしょう。

「キ、キ、キター!(-21)」

看板にはもうひとつ「八幡平ポーク」も書いてありますが、こちらはチャーシューの原材料と思われますので、調べてみたら秋田県鹿角市八幡平の豚肉のブランドのようです。八幡平は「はちまんたい」と読みます。

「ごっつあんです! この肉はいくらでごあすか?」
「は、は、はちまん、たい!」

角界では、弟子と親方の間でそんなやりとりがあったとか、なかったとか。

・・・なかったです。あるわけねッス (^^ゞ

ごちそうさまでした。。

お店の住所:見附市今町4-46-1

投稿者:yukihi69

関連記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。