大盛り研究所 / 新潟五大ラーメンしらべ・燕背脂ラーメンの巻

所長:
どもども、大盛り研究所・所長のユキヒ☆ラボですじゃ。もう2月になってしもうたが、皆さま、2016年も当研究所をよろしくお願いいたしますぞ。

メイ:
新年好、メイあるよ! 中国では陰暦で正月をお祝いするアルから2月もあけおめアル。お前たち、元気だったアルか?


所長:そこは「みなさん」じゃというのに。

今回はボリューム的にアレじゃから、マクラを振らずに本題に入るぞ。新潟五大ラーメンの第4回、「燕背脂ラーメンの巻」じゃ!

燕背脂ラーメンとは?

所長:ではまず、燕背脂ラーメンの定義からじゃ。

メイ:お任されてクダサイ、今回もちゃんと調べてきたアルね!

燕背脂ラーメンは、新潟県燕市で生まれたラーメンある。ひと目見ればそれと分かる、インパクトのあるラーメンですネ。特徴は、

  • 名前のとおり、表面が背脂で覆われている
  • 麺は極太
  • スープは煮干し出汁、濃い目の醤油味
  • 薬味は刻みタマネギ

という感じアルよ。もちろんこれは基本で、お店ごとの応用もあるアル。

背脂の量は調整できることが多くて、大油(おおあぶら)、中油(ちゅうあぶら)、小油(しょうあぶら)、のように呼ばれるアル。大中小じゃなくて多中少、油じゃなくて脂と書くお店もあるけど、読みは同じネ。

所長:うむ。それとな、このラーメンは「燕三条系ラーメン」と呼ばれることも多いのじゃが、当研究所では三条を付けずに「燕背脂ラーメン」と呼びたいのじゃ。なぜかというと、燕で生まれたラーメンであることがハッキリしておるからじゃ。

メイ:燕背脂を生んだ元祖のお店は「福来亭」といいますアル。そしてネ、福来亭の創業者は徐昌星さんといって、中国出身の方アルよ!

さすが五千年の歴史、すごいアル! 中国誇らしい! こういう時、日本では「ずがたかい、ひかえおろー!」て言うアルね?

所長:・・・なんじゃそれは。うーん、スカパーに加入したのが間違いじゃったかな。時代劇チャンネルは言葉や歴史の学習用にいいかと思ったんじゃが。

さて、燕背脂ラーメンじゃが、当研究所では大きく三種類に分類しておるのじゃ。

  1. 直系背脂

    元祖である福来亭本店と杭州飯店の流れ

  2. 食堂系背脂

    直系の影響を受けた、地元・燕市内の食堂の流れ

  3. ニュー・ウェーブ系背脂

    新しい感覚を取り入れた流れ。独自路線、リスペクト、中堅、新世代、県央以外

たぶん他所様では通じない用語じゃから、ご注意あれ。では、まず直系背脂からじゃな。

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 微力ながら小生の情報が役に立ち光栄です。さて小生が選ぶ背油ベスト10ですが
    1、初代めんきち 2、燕宮川食堂 3、吉乃や 4、ライオン食堂 5、大むら支店
    6、だんち食堂 7、やすどん 8、三条中華亭 9、政 10、やまがみ食堂です。杭州や安福などは、美味いかですが値段が、んん~ですかね。今から約2年半位でしたかマサさんのブログを見てこれは美味いと感じて即行ったのが宮川さんです。杭州が確か750円の時になんと500円で食べられだしが良く効いて煮干しプラス良質のたぶんこんぶやかつおだしがほのかにしました。麺も多く具体的には三条しゃがらの大盛り位は有ります。最初食べた時は超感動でした。値段安くダシもよく効いていて麺の量も多くまだ隠れた名店が有ったもんだと思いました。現在は600円ですが燕エリアの価格帯からすればまだまだ安くて量も多く美味いです。宮川さんは大油でと言って下さい。先般のプラント内にある見附ブラック同様検証して頂ければ幸いと思います。はい。

    1. この度はご協力いただきましてありがとうございました。諸説あり、全く違う説もあるので正解かどうかわかりませんが、自分なりのひとつの区切りになりました。
      燕の「宮川」は、何度かお店の前を通ったことはあるのですが、フラれていました。ぜひ食べてみたいです。(^^ゞ

    1. びっくりぽん! 京都の新福菜館と繋がったのには、じぇじぇじぇでしたが、二郎と繋がってもおかしくない気がしてきました。

      そうなると・・・東京の背脂「ホープ軒」とか、環七の「土佐っ子」とかにもどこかで繋がるのかしら?

      背脂皆兄弟! 背脂は世界を救うですね。

  2. いやいや凄い! 感動すた♪

    歴史的な記事です!

    アブぺディアとして確立!(笑)

    情報の吹き貯まりになるといいですね!(爆)
    (勿論、いい意味でね♪)

    そんな訳で・・・

    昔・・・ 杭州の名刺に・・・

    福来亭本店 杭州飯店とあると聞いた事があるような・・・(笑)

    やはり・・・ 歴史を追いかけるのは・・・ 楽しいですね♪

    1. アブぺディア(笑)。abupedia・・・募金でも募りましょうか? これがホントのオイルマネーですね。 名刺にも両店の名が刻まれていたとは・・・オイルショック!

  3. いやはや、興味深く拝読させていただきました^^

    特に各福来亭の関係性が今までよくわかっていなかったので、なんだかストンと腑に落ちた感じでスッキリです^^

    油の家系図は資料的価値が高いと思いますw

    1. 調べれば調べるほど、全く違う説もあって、必ずしも全問正解ではないと思うのですが、ひとつの説として何かの参考にしていただければ・・・って感じです。(^^ゞ

  4. キチンと背油ラーメンを食べた事が無いので、一度チャレンジしてみたい記事でしたぁ~♪

    まぁ、胃の無い猿は速効やっつけられて、トイレから出れないんですが。(笑)(*´∀`)

    油を採りたい時があるんッスヨ。

    1. 油を食べた後はお腹のケア・・・大事です。。。これが本当の「油断大敵」です。

  5. 大好きな「大盛り研究所!!」
    いつも楽しみにしています。

    が、今回は
    やはりどうしても
    違和感がありまして、、
    コメントしてしまいます。。。

    こかね食堂。
    大好きなんです!!
    苗字が
    かねこ さんなので、ひっくり返して
    「こかね」だそうです。

    個人的な感覚ですが
    行くときは
    「背油を食いにいく」って感じでは
    ないお店です。

    逆に、昨日背油だったから
    きょうは「こかね」行こっと、、って感じで
    お邪魔しています。

    実際魚介が弱いと思いますし
    ラーメンマップでも
    「鶏がらのみで」と有りますし。。
    事実はどうか
    次回取材してみようと思います!!

    1. コメントありがとうございます。かねこをもじって「こかね食堂」・・・「こねか」ではないのがいいですね。(^^ゞ
      情報ありがとうございます。 実は久しく行ってないので、記憶が曖昧でした。
      メンマの感じとか、分水の中華亭の小油(油なしくらい?)に似ていたような覚えがあったのですが・・・薄っすら背脂な感じでしたよね。
      もしかして、大油は存在しないのかもですね。背脂が少し浮いてると言うことは・・・豚も少し使用?
      「鶏がらのみ?」・・・近々に確認に行きたいと思います。
      いずれにせよ、ちょっと異色って感じで系譜に入るのは「ちょっと待った!」かもですね。
      確か?焼きそばだったか、焼きめしだったかが、珍しくソース味だったような記憶も、かすかにあるのですが、記憶が曖昧です。
      やっぱり、私も再調査してきま~す。\(^o^)/

  6. 杭州飯店で修業した店に十日町のたかみち(旧栄町のミミ)があります。
    新潟日報のラーメン本に書いてありました。

    1. コメントありがとうございます。十日町のたかみち・・・ありましたね。
      ミミの時はよく行ってたのですが、十日町に移転してからはすっかりご無沙汰です。杭州飯店で修行されたということになれば、
      直系の系譜に入れないといけませんね。
      教えていただきありがとうございました。\(^o^)/

      ちなみに、旧・栄町ミミの近くの佐助も好きだったのに・・・残念です。大肉(タイロー)ラーメン懐かしいです。

  7. 30年前くらい、まだ杭州飯店が「ラーメン屋」と言うよりは「中華料理屋」だったころ、杭州飯店の近所に住んでいた親戚宅の集まりで、杭州飯店の2階の広間を使い宴会をした記憶があります。
    宴会は、中華料理のコースだったように思います。
    当時はもう、現在のカタチの「中華そば」がありましたが、沢山ある中華料理のひとつで、今ほどの絶対的な看板メニューでは無かったような気がします。

    当時、小学生だった頃の「初・杭州飯店」の記憶ででした(^_^;)

    1. 大切な思い出話をいただきありがとうございました。
      中華料理屋さんとしての杭州飯店、とても良いお話だと思います。
      ありがとうございました。(^^)/

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。

トラックバックURL