燕市 麺’s 冨志 醤油らぁめん / 「富」でなく、一画少ない「冨」でした。

燕というか旧・吉田町のラーメン店、「麺’s 冨志(めんずふうし)」です。

「めんず」は、メンズにかかっているのでしょうか? 「ふうし」は、世知辛い世の中を風刺する、の風刺とはおそらく無関係 (^^ゞ

この記事を書くにあたって気が付きましたが、ふの字は「富」じゃなく「冨」なんですね。一画少なめ、老眼には厳しい違い(自分ではまだ老眼ではないと思っていますが‥‥)。

「醤油らぁめん」です。

冨志の醤油らぁめん

グッドルッキングな一杯。見た目がすごく好みです。

黄色い中太麺に、大きめチャーシューが2枚も。太いメンマにハーフカットの煮玉子、小ネギに細切りのキクラゲが特徴的。

魚介豚骨のWスープ。ただし、かなーり魚介強めで、あっさり和風チック。年々、魚介が豚骨よりも強くなってきてるような気がします。

実は、開店当時から好きなラーメンなのです。

他の人のオーダーを聞いてますと、味噌も人気のようですし、炒飯も美味しそうですね。どっちも昔、食べたことあったと思うのですが、記憶があいまい。ナッシング。

(2017年4月追記:半チャーハン付きランチの記事も書きました)

ちなみに、冨志の建物。

麺's 冨志の外観

国道116号から少し引っ込んだところにあるので目立ちませんが、黒いガルバリウム鋼板の外壁と、木製の格子を使ったモダンな外観です。

「その格子の木だけどさ、節があるかないか、知ってる?」

「って、フシの話かい、ふうしだけに? 節のない木なんて、あってたまるかい!」

「やっぱそうかねぇ。まあ、そんな不思議な木があったらお目にかかりたいねぇ~。フシぎな木、ふうしだけに」

「あんたも駄洒落、好きねぇ~」

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市富永100-1

投稿者:yukihi69

関連記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 冨ぅ~んnn。。。(どーしよ、この先のツッコミが思い浮かばない)

    あ、、、そーだ、店名は「冨」なのに住所は「‟富”永」なのね。。。

    最近(か?)不調だぁ~~ m(_ _)m

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。