三条市 来来亭 三条店 あっさりラーメン / こってりとあっさりのホライゾン。

来来亭を記事するのは今回で7回目です。恐るべし、京都ラーメンの刺客。すっかり骨抜きにされていますね。前回の記事はコチラ、過去記事はタグの店名リンクからご覧ください。

個人的な定番はこってりラーメンですが、今回は「あっさり」です。

来来亭のあっさりラーメン

あっさりラーメンの図。

写真のメモ書きには「あっさり」とあったのですが、背脂はしっかり浮いてます。全然あっさりじゃないし、と思いつつ、以前食べたこってりの写真と見比べますと‥‥

来来亭のこってりラーメン

こってりラーメンの図。

なるほど、二つを分ける線がぼんやりと見えてきました。

かたや、あっさりラーメンのスープは白濁しておらず醤油色。こなた、こってりラーメンのスープは白濁して背脂と同化した感じ。

つまり、背脂の有無は関係なくて、スープがブラウニーならあっさり、ホワイティーならこってり。来来亭のあっさりとこってり、境界線上のホライゾンはスープにあり。

はい! 黒板、ノートにとって! ここ試験に出まーす! (^^)/

ランチ時は、ライスか麺大盛りのいずれかが無料になりますが、来来亭における最大のトラップは、無料ライスの大・中・小を選択可能なこと。

あっさりラーメンと無料ライス(大)

正直に申しますと、この日もまんまと引っかかり、「大」に。ご飯だけにマンマと、マンマ・ミーア♪

「来来亭の低加水極細ストレート麺は、実はライスと一緒に食べることを前提にしている」という説をとなえておられる方もいるようです。卓上の梅干しでもごはんがススムくんです。

ネギ多めの無料サービスもありがたい。「背脂は九条ネギを引き立てるために必要だった」って話もあります。背脂と九条ネギ、確かに相性のいい組み合わせですね。

燕では背脂+タマネギとなるわけですが、新潟五大ラーメンシリーズ「燕背脂ラーメンの巻」で、燕と京都のまさかの関係も浮上してきました。そう思っていただくと、そこはかとなく生まれる京都ラーメンへの心筋勘。いや違った、親近感。

そしてやはり、最終的には自分はこってりのほうが好きなのかもなぁ~、と思いつつ‥‥。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市荒町2-448-3

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。