三条市 お食事処 原泉 カツカレー / 週刊文春も吃驚!? 炭水化物天国は実在した。

「はらたいらさんに、1000点!」

クイズダービー、好きだったなぁ~。

というわけで、はらさんに1000点、略して「はらせん」。お食事処「原泉」です。(違うわーい!)

原泉の外観

こちらの原泉、食いしん坊には有名なお店です。

頼んでもいないのに(笑)、ご飯ものメニューには半ラーメンが付いてきますし、麺類メニューには半ライスが付いてくる、という、週刊文春も吃驚な、「炭水化物天国は実在した!!」なのです。

それも、「半」と言っても、一般的な秤に掛ければ「ほぼ全」なサイズです。糸井重里さんみたいですが (^^ゞ

低炭水化物ダイエッターには、悪魔のようなお店かも。(さっき、天国って言ったばっかなのにぃ~!)

そして、もうひとつの特徴、「カツが凄い!!」

トンカツ天国でもあるのです。肉厚で、ホンマモンの豚肉。豚にとっては、悪魔。いや、地獄。

カツカレーも「原泉の法則」の例外ではなく、ラーメンが付いてきます!!!

原泉のカツカレー(大盛り)

どんだけ食べさせたいのか・・・。少し心配になるくらいです (*^^*)/

写真ではなかなか伝わりにくいかもですが、かなりの重量感なカツカレー。

カツカレーのアップ

値段は800円くらいだったと思います。大盛りなので100円増し。

そして何故か? 野菜の隣にはかぼちゃの天ぷらまで!!!

カツカレーのカツ部分

家庭的なカレーですが、破壊力、半端ねぇー!です。やっぱ、この熱い、いや、厚いトンカツと、「ほぼ全ラーメン」の相乗効果?

ラーメンは、若干、背脂が浮いてます。

半ラーメンのアップ

カツカレーの皿が大きすぎるので小さく見えますが、「ほぼ全」ラーメンです。

ひとつだけずっと気になってるのですが、ご飯ものにほぼ全ラーメン、麺類にほぼ全ライス、という「原泉の法則」でいくと、「焼きそば」にはどっちが付いてくるのでしょう? 焼きそばも麺類なので、ほぼ全ライスなのかな、やっぱ?

う~ん、難問です・・・。こういう時は、「はらたいらさんに全部!」っすね。

料理が出てくるまで、結構、時間のかかる場合があります。お父さんひとりで調理から配達までこなしておられますし、分厚いカツを揚げるのにも時間がかかるのだと思いますので、「時間と気持ち」に比較的余裕のある時に行くのがオススメです。

ちなみに、今はやってないみたいですが、原泉には「日替わりランチ」という伝説のメニューがありました。平日限定だったと思います。

原泉の日替わりランチ

これが伝説の「原泉の日替わりランチ」だ!! 写真もカメラも古くてすみません。

大きな皿に、トンカツ、ビフテキ、エビフライ、オムレツ。ちょっとしたオードブル状態なのです。「うちの店の冷蔵庫に入ってる食材を全部お皿にのせてみましたけど、それが何か?」的な。さらに小鉢、アンド小鉢。

ご飯はドンブリめしで、「ほぼ全ラーメン」まで付く、究極の炭水化物天国。いや、天国の隣に極楽浄土も増築しちゃいました、という感じ。

復活きぼう。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:三条市直江町3-1-32

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 先月焼きそば大盛りを食べました。ライスが付いてきましたよ(笑)。

    1. おおお!やはり、焼きそばにはライスだったんですね。教えていただき、ありがとうございました♪

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。