新潟市江南区 中華そば 来味 亀田店 ラーチャン / もう食べることのできない、想い出の味には勝てないのかも?

新潟市内のラーメン語るときには、やはり来味(らいみ)が欠かせない存在と思います。

来味を名乗る店はいくつかありますが、その中でも一番好きだったのが紫竹にあった「中華の来味」。2012年に惜しまれつつ閉店しました。来味の本店にあたるんだと思われ、ラーメンと炒飯のセット=ラーチャンで有名でした。

昔ながらの中華そば・近代芸術的な「無化調路線」になる以前の中華そばに、濃厚煮干しをプラスした、シビれる感じのラーメン。そして、それに合う炒飯。最高の組み合わせでした。個人的には、もしかすると新潟市内No.1では?と思っていたお店でした。

その来味の別ブランドだった「中華そば 真玄」が閉店して、というか店名を変えて、新たに「中華そば 来味」としてオープン。

紫竹の来味を彷彿とさせる「ラーチャン推しのお店」にリニューアルした、ということで、ものすご~く期待して行ってみました。

入り口。

中華そば来味・亀田店の外観

赤い看板が伝説化した紫竹の来味を彷彿とさせ、グッときます。

チャーハン。

中華そば来味亀田店のチャーハン

出てきた時は「紫竹のにソックリ!」と思いましたが、食べてみると、かなり水分が多めと思いました。たまたまかもですが‥‥。

ラーチャン850円也の全景。

中華そば来味亀田店のラーチャン

先にチャーハンが出てきたので、ラーとチャンが揃った時点で、すでにチャンが半分くらいに‥‥。我慢できませんでしたw

ラーメン。

中華そば来味亀田店のラーメン

見た目は「やはり来味」なのです。そして、煮干しも香ってます。紫竹の来味よりもあっさり薄味なように思いましたが、今となっては確認する術がありません。

結論としましては、紫竹にあった「中華の来味」の味とは違っていたように思います。

「美しき記憶の中の、想い出の味」との比較なので、相当ハードルが上がってます。思い出には絶対に勝てるはずがないから別物と思って食べないと、とは思うのですが、それにしても記憶にある紫竹の来味の味とはかけ離れていました。見た目が似ていた分、なおさらギャップが感じられる‥‥。

いえ、亀田の来味が悪いわけではないとは思いますし、素直に「新店だ」と思って食べれば問題ないのでしょうが、期待が大きかっただけに、帰りは肩を落として家路をトボトボ‥‥という結果になりました。

ラーメン+チャーハンでラーチャン。ジワジワと新潟市名物になりつつあります。個人的に「愛を込めて『ラーチャンちゃん』と呼ぼうキャンペーン」を展開しておりますが、未だまったく手応えありません(笑)。‥‥そんなに面白くないしね (^^ゞ

大盛り研究所でまたいつかラーチャンの研究発表があるかと思いますが、先日食べた「ぐわらん洞」が結構良かったです。でも、心のマイ・ラーチャンベスト店(=ベストテン)、堂々の第一位は「楽久」で揺るぎないかなぁ~。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市江南区西町3-5-32(エスタディオ亀田1F)

追記:2018年8月で閉店となり、東京の板橋へ移転(!)されたそうです。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 旧栄町吉野屋に有った手仕事ラーメン娘娘が数年で閉店しましたが本日前を通りましたらまだオープンはしてませんが、その跡地にラーメン琥珀と言う看板で店の正面と脇に出ていました。オープンの日程その他どこの筋の系列、系統か大盛りさんご存知ですか?

    1. 娘娘の跡地に「ラーメン琥珀」と言うお店ができるという話だけは聞いておりましたが、それ以上は情報ありません。
      ちなみに、娘娘は確か?見附の居酒屋さん系列だったように思います。

      見附市の碧空麺舗が近く移転するらしい、しかも今までとは全然違うラーメンを出す!と言う話もありますが、
      いくらなんでも、その話が「琥珀」に繋がってることはないだろうと思います。

      「琥珀」と聞くと、「夷霧来」「優雅」「極一」の系列を思い浮かべますが、さてさてどうなんでしょう?楽しみです♪

  2. 今の来味は開店当初は昔の味で出してましたが、創業者である店長さんがよりシンプルな味を求めて、出汁の素材を絞った記事を何かのラーメン特集で読みました。両方食べた事が無いので比較できませぬが、ラーチャン屋さんの方は昔の来味の味で営業してると思います。(ФωФ)b

    1. 伝説の紫竹の中華の来味は、煮干しがすっごかった印象なのですが、今考えると「水出し煮干し」とか、「煮干し油」的な何かマジックがあったように思うのですが、今となっては・・・です。
      亀田の「中華の来味」は、見た目的にはかなり再現されてると思うのですが、味はあのインパクトがないんですよね。
      食べてから半年経ったので、味は変わってるのかも知れません・・・また近いうちに行ってみたいと思います。(^^ゞ

  3. ご無沙汰しておりました。
    紫竹の来味さんは自宅の近所だったこともあり、良く来訪しておりました。
    1杯づつ丁寧に作る仕事に敬意を持って食していました。
    旧来味では当初は店主(布川氏)が1人で切り盛りをしておられましたが、繁盛店になってからは何人かの従業員を雇っていましたね。
    以前は先代の味を引き継いでおられていたのでしょうか、近年の味とはだいぶ違っていました。(絹さやなんかも乗っていたりと、見た目でも今とは違います)
    東堀の来味はどうなんでしょう?
    暖簾は紫竹にお店があった当時の物を使用されているようなので、味なんかも同じなのでしょうかねぇ…
    明日、行ってみます!

    1. 東堀の来味のラーメンの方が、紫竹に似ていたように思います。 天龍も好きでしたぁ~。(^^ゞ

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。