三条市 来来亭 三条店 味噌ラーメン / 関西では、メンチカツでなくミンチカツ。

9回目の登場、来来亭です。過去記事は店名のタグをクリックするとご覧いただけます。

来来亭三条店の外観(2016年2月)

来来亭三条店の味噌ラーメン

珍しく味噌ラーメン。来来亭で味噌ラーメン。

麺が太いね、味噌ラーメン。ゴマもタップリ味噌ラーメン。

いつーつ! いつでも味噌ラーメン。むーっつ! むこうに味噌ラーメン。

ななーっつ! ななめに味噌ラーメン。やっつ! やっぱり味噌ラーメン。

ここのつ! ここにも味噌ラーメン。とおで、とうとう! 味噌ラーメン。

パチパチパチ! 言い切った、言い切った。頑張った、頑張った。

でもね。

来来亭は、やっぱり「こってりラーメン」が好き(元も子もないなぁ~)。

三条店の平日ランチサービスは、「ライス無料」。ありがたき幸せ。

来来亭の味噌ラーメンと無料ライス

ラーメンにライスをつけると一気に定食チックになりますが、来来亭は定食類も豊富で、餃子・コロッケ・唐揚げ・ミンチカツなどの各定食があります。

「ミンチカツ? メンチじゃなくて?」

そう、ミンチです。関西では「メンチ」が「ミンチ」になるんです(よね?)。来来亭は発祥が京都、本社が滋賀で、関西のお店なので「ミンチカツ」と呼ぶ、のだそうです。

メンチカツもしくはミンチカツは、ひき肉のカツなわけですが、ひき肉は英語で “Minced meat” なので、それをカナに転記した「ミンストミート」が語源にあたるようです。東京では「メンチ」、関西では「ミンチ」と訛っていった、ようですよ。

中身も東西で違いがあって、関東では牛肉と豚肉の合挽き肉または豚肉だけを使用するが、関西では主に牛肉だけを使用する、のだそうです。

さすが関西、牛肉文化圏ですね。関西では肉じゃがも牛肉だったりしますが、単に「肉」と言ったら牛肉を指すのだとか。中国で単に「肉」と言ったら豚肉の意味、みたいな?

関西で牛肉をよく食べるのは、東日本では農耕に馬を使ったのに対し、西日本では牛を使ったので、牛肉を入手しやすかったから、というのが一つの要因らしいです。

おっと、またまた「明日から使える豆知識」。インテリジェンスブログの一面が溢れてしまいました。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市荒町2-448-3

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。