新潟市南区 ラーメン東横 白根店 味噌ラーメン / 魔法瓶はナニワ育ちだった。いえ、育ちでんねん。

国道8号にバイパスができて、「旧・国道」「裏通り」的な位置になってしまった、東横白根店。

ラーメン東横白根店の外観(2016年4月)

お店の入れ替わりが激しい立地ですが、なかなか頑張っておられます。

おさらいしますと、東横は新潟五大ラーメンのひとつ・新潟濃厚味噌ラーメンのお店。濃厚味噌の元祖である「こまどり」の流れです。

新潟市内ではとてもメジャーな、濃厚味噌ラーメンの代表店。白根店のほかにも、紫竹山店、愛宕店、寺尾店と、多店舗展開されてます。メディアへの露出も多いですしね。

というわけで「味噌ラーメン」、大盛りです。

東横白根店の味噌ラーメン大盛

すり鉢に野菜たっぷり。

味噌ラーメンの麺を持ち上げたところ

麺は丸い太麺。

味噌ラーメンと割りスープ

銀色のポットには「割りスープ」が入ってます。

巻濃厚味噌は「割りスープ」で好みの味の濃さに調整できるのが大きな特徴。東横の割りスープは、ステンレスの魔法瓶ポットで提供されます。

「ポーッと」してるとお冷やと間違って飲んでしまいます、ポットだけに‥‥。大変なことになりますので、お気をつけください。ませませ。

そういや最近は、「魔法瓶」って言わなくなりましたよね。

マホービンも、トックリとか、チョッキとか、ズックとか、ヤッケとかの仲間でしょうか? 今時だと、ポット、タートルネック、ベスト、スニーカー、アノラック(ウィンドブレーカー)、かい?

ちなみに、日本の魔法瓶の主なメーカーとしては、象印マホービン、タイガー魔法瓶、ピーコック魔法瓶工業などがありますが、これらはいずれも大阪の会社なのだそうです。

魔法瓶はナニワ育ちだったのですね。いえ、ナニワ育ちでんねん。でっせ? やった? (^^ゞ

東横は、前回の記事でも書きましたが、お昼の12時前までに行くと大盛り無料、というサービスがあるので、ランチタイムの時間を自分である程度調整できる方はぜひ!

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市南区鯵潟字四反田636-5

公式サイト:ラーメン 東横

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. 吉田の「サーモス」も忘れないであげて下さい!
    ・・・あ、でも本社は東京でしたw

    1. 「サーモス」・・・デザイン性が良いですよね。(^^ゞ
      もともと、ドイツの会社だったけど、日本酸素が買収したとwikiに書いてあったので、
      話の流れで敢えて外しました。ちょっとした捏造です。(^^ゞ あ、ポットなので「熱造」でしょうか?

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。