三条市 あめや味びる 中華そば / 路地裏の少年も、今では表通りの中年に。

三条で行ったことのなかったお店シリーズ。(そんなシリーズあったっけ?)

あめや味びる(あめや食堂)です。

あめや味びるの外観(2016年11月)

ロゴは「味びる あめや」ですが、店名としては「あめや味びる」が正しいっぽいです。

ジオ・ワールド ビップ(玉姫殿と言いたくなる)の向かい、第一産業道路こと県道121号沿い。

一本裏の通りには「アメヤ精肉店」があって、そちらのお弁当にばかり気を取られていましたが、表通りには「あめや味びる」もあるじゃないかー! ないかー! ないかー!(エコー)

どちらかと言えば「路地裏の少年」として育ってきたものですから、お天道さまの当たる表通りはどうも気恥ずかしくて‥‥。

でも、今ではすっかり「表通りの中年」やね。勇気を出して、インしてみました。

店内は中華料理屋さんテイストで、メニュー構成もそんな感じ。

お店のイチオシと思われるメニューは、「とんとん麺」。妙に親近感のある響きに、興味津々だブヒッ!

ですが、800円というお値段で(だったと思います)、初心者が安易に手を出すにはちょっとリスキーなので、今回は見送り。

シンプルに「中華そば」を選択。600円だったと思います。

あめや味びるの中華そば(大盛り)

プラス、大盛り100円増し。

「‥‥え?! 大盛り? 大盛ってんだから『シンプル』ではないだろ!」

えー、鋭いご指摘をいただきました。

真摯に受け止め、現在、全力をあげて精査しておりますが、現段階では何も申し上げることができません。時期が来ましたらファクターをハッキリさせ、その上で今後の再発防止に努めてまいります (^_^;)

麺は、「緑なのに黒レラ」なクロレラ麺で、三条の食堂系ラーメンでは「あるある」です。醤油の色濃い目なスープには、つぶチックな背脂が浮いております。が、決して燕背脂ラーメンのソレではありませんね。

お品書きをしばし眺めておりますと、「かんとん麺」や「もやし麺」などが並んでるのに気付きました。「中華なトロミ系に自信アリ!」なのだと思います。

実は、トロミ系って正直申しますと苦手なのですが、今後はあめや味びる店主のご意向を忖度してまいりたい所存であります。流行語。

ごちそうさまでした。。

お店の住所:三条市横町1丁目11-16

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。