三条市 ほっともっと 三条本成寺店 ロースとんかつ弁当 / ほっともっとにおけるトンカツ系メニューの価格差について。

おわび:公開当初の記事は間違いが多すぎたので、全面改訂させていただきました。すいません。以下、改訂版をどうぞ。

◇◇◇

以前、「かつやではカツ丼かロースカツ定食か問題」について考察いたしました。今回は、「ほっともっとのカツ系メニューの価格差に納得いかない問題」を考えてみたいと思います。

「そこ、そんなに重要か?!」

重要ですよ! 「トンカツ大好き大盛りさん」としては見過ごせない問題です。

かつや問題は、最終的に「食いたいもん食うのが一番お得」という結論になり、夢オチ感が半端なかったですが、今回は違いますよ。不撓不屈の精神で相撲道に精進いたします(なんで相撲やねん!)

ほっともっとに興味がない方も、「ブタがまたなんか言うとるぞ」的なスタンスで、しばしの間お付き合いいただければ幸いです。

というわけで、ほっともっとの「ロースとんかつ弁当」。

ほっともっとの ロースとんかつ弁当

ほっともっとの ロースとんかつ弁当・カツのアップ

いつもはロースかつ丼なのですが、この日はなんとなくこちらをチョイス。

ほっともっとの公式サイトによりますと、新潟県版のトンカツ系メニューは、こんな感じ。

ロースとんかつ弁当 460円
ロースかつとじ弁当 470円
ロースかつ丼 440円

この価格、「うーん」ってなりません?

私は、とんかつ弁当とかつとじ弁当は価格差が小さすぎると思うのです。逆に、かつとじ弁当とかつ丼は価格差が大きすぎると感じます。

「っても、最大30円の差しかないじゃん!」

これは検証しないとですね! まず、とんかつ弁当と、かつとじ弁当を見てみましょう。

違うのはメインおかずの形態とサブおかずの有無。とんかつ弁当はロースかつにポテサラなどが付きます。かつとじ弁当はサブおかずなしですが、カツ煮なので卵がプラスされています。

容器の数はどちらも2個(ライスとおかず)なので、おかずの違いによる10円差、ということに。つまり、カツ煮はトンカツ+サブおかずより10円高い。

次に、かつとじ弁当と、かつ丼。

かつ丼のアタマをライスと別皿にしたのがかつとじ弁当ですから、メインおかずは同じ。違いは容器の数で、カツとじ弁当は2個ですが、かつ丼はドンブリオンリーなので1個。

つまり、この二つの価格差は容器の違いによるもので、ドンブリはライス容器+おかず容器より30円安い。

最後に、かつ丼と、とんかつ弁当。

メインおかずも違うし、サブおかずも違うし、容器の数も違う。カツ煮はトンカツ+サブおかずより10円高いけど、ドンブリはライス容器+おかず容器より30円安いので、かつ丼はとんかつ弁当よりも20円安い!

・・・。

・・・。

「つじつま合ってるじゃん! ノープランで始めるからそうなるんだよ!」

すいません。でも、これはたぶんアレですよ、おかずの価格差が10円で、容器の価格差が30円ってのが、違和感の正体なのですよおそらく。

今回の結論は、「体感的な価格は現実と必ずしも一致しない」ってことでお願いします。いやー勉強になったなー(棒読み)

まー、これからも頼むんですけどね、かつ丼。この価格体系なら一番お得な感じですし、なによりかつ丼が好きなので (*´ω`*)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市東本成寺30-33

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。