見附市 カフェテリア志賀 (並)とんかつ定食 / 陽気なトンカツが地球を回す。

♪ヘェ~~ビィ~~ローテーション! な、カフェテリア志賀。

カフェテリア志賀の入り口(2017年2月)

入り口のテントがきれいになりました。

この日は「とんかつ定食」でした。「この日は」てか、「また」ですけど。

カフェテリア志賀では、とんかつ定食とかつ丼のダブルキャストでシフトを回してます(義務感)。伊坂幸太郎ふうに言えば、「陽気なトンカツが地球を回す」。‥‥でしょうか?(知らんがな!)

カフェテリア志賀のとんかつ定食(並)・ライス大盛

「特大」や「上」もありますが、予算の都合上、いつも「並」のとんかつ定食です。780円にライス大盛りで100円プラス、計880円也。

その大盛りっぷりをご覧ください。

ご飯丼のアップ

山です、山。ご飯に見えない。遠近感おかしい。

でも、奥のとんかつだって十分に大きいのです。

とんかつのアップ

デブクラスソースが、‥‥違う! デミグラスソースがたっぷりかかっておりまして(このネタ前にも書いたよね)、長岡名物の洋風カツ丼っぽい仕様。

裏山のサラダには、ひっそりと佇む黄色いコーン。

これがいい仕事をしています。洋風を演出し、洋食なニュアンスを醸す、重要アイテム。お店で食事をいただいている感じ、「外食感」とでも言いましょうか? コーンは、それを改めて認識させてくれるのです。

そして、スープでなく味噌汁。さらにお漬物。

このリアリティ、現実感。一般大衆の味方、はぐれ刑事庶民派。立ちはだかる現実から目を背けない、絶対に逃げない覚悟!!

なにを言いたいのかサッパリ分かりませんが、とにかく、和と洋のバランス感覚がカフェテリア志賀の魅力なのだと思います。

そういえば、志賀レット皿が、いえ、タバコの灰皿が「キャビンマイルド」で、今はウィンストンになっちゃったので、とても懐かしいです(2枚めの写真に見切れてます)。

照明とかの内装も70年代のSFっぽいデザインで、カッコイイんですよね。いつまでも残していただきたいです。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:見附市今町2丁目甲129-1(カフェテリア志賀)

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。