新潟市西蒲区 ベーカリーパオ (PAO) / 老舗のパン+あのドリンクで、象の如く叫んでみる。

巻の旧116号沿い、「ベーカリーパオ」です。

ベーカリーパオの外観(2017年3月)

昔から人気のパン屋さん。「巻の老舗」と言っても差し支えないと思います。

・・・。

以上?(笑)

銀の麦」の記事でも書きましたが、好んでパンを買うとか、パンだけでお昼を済ますとか、あまりしません。

ほら、パンって意外とカロリー高いけど、その割に腹持ちしないじゃないですか?

というのは表向きで、パン屋さんって通路が狭いお店が多いから敬遠しがち、ってのも実はあったり。ウエストサイズ的に入りづらいのです。‥‥アチャ~♪ (^_^;)

そんなわけでパンにはそれほど思い入れがないのですが、これで終わるわけにはいかないので、今回は日清製粉運営・パン好きのポータルサイト「パンポタ」を参考にさせていただきました。パオのページはこちら

お店イチオシだというパンが、こちら。

ベーカリーパオの塩バターパン(袋から出したところ)

塩バターパン、120円也(税抜、以下同様)。

シンプルで可愛らしいロールパンです。具は入ってませんが、おそらく塩とバターを使ってると思われます。

「って、そんな紹介ある? 急に下手になってない?」

いや、もともとヘタッピなんですけどね‥‥。そういえば思い出した、こないだのライブというかコンサートでのお話。

ステージの左右って、向かって右を上手(かみて)、向かって左を下手(しもて)と呼ぶでじゃないですか? で、その時は上手と下手にキーボードが配置されておりまして。

出演者ごとに位置を変えていたのですが、上手を「じょうず」、下手を「へた」と読んだ人がいて、「ヘタだからこっちなのか?!」っていう‥‥。スミマセン、おもしろくなくて。

あと、これも買いました。

ベーカリーパオ・まぼろしのめんたいフランス

まぼろしのめんたいフランス、200円也。

パンポタの商品情報によりますと、「かねふくの明太子をたっぷり使用。人気ですぐになくなる、 “まぼろしの” 一品。」とのこと。

まぼろしの高級明太子を使ってるのかと思いましたが、違いましたね (^_^;) でも、かねふくのは贈答用となるとなかなかのお値段ですし、そう考えるとお得感はあります。

まー、これは業務用を使ってるのかもですが、かねふくの明太子なら美味しいに決まってる。めんたいペーストがちょっとオイリー過ぎる気もしましたが、辛味がフォローしてくれる感じ。

それに合わせるドリンクは、コレ。

雪印コーヒー(500ml)

雪印コーヒー。あま~い!

けど、この甘さが絶妙にノスタルジックでロマンチック♪ 思わず叫んでしまいます、パオ~ン!

‥‥パオだけに? 象の如く?(違げ~よ!)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西蒲区潟頭562-1

Facebookページ:ベーカリーパオ

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。