燕市 飴屋本舗 天神講のお菓子 / ご存知ですか? 2月25日は越後つばめの天神講。

燕にお住まいの方から、こちらをいただきました。

天神講の生菓子

パステルカラーで可愛らしいデザインの、天神様。

天神講でお供えする生菓子です。毎年、燕市内のお菓子屋さんで販売されるのだそうです。

「天神講」ってのはなにかと言いますと、

菅原道真の命日にあたる2月25日(あるいは毎月25日)に行われる天満天神の祭り。天神祭。(コトバンク「天神講」より)

だそう。福井や富山などでも行われるそうですが、内容は各地で違うみたい。

燕の天神講は、天神様の掛け軸や置物を飾ってお菓子をお供えし、学業成就、志望校合格、子供たちの健やかな成長などを祈願するのだそうです。

燕ではこの行事を「天神さま」と呼ぶみたいですが、隣町の三条ではあまり聞いたことがありません(私だけかもしれませんが‥‥)。

でも、平成の大合併で燕市になった旧・吉田町や旧・分水町にもある風習だそうで、合併後の燕市では「越後つばめの天神講」としてPRしています。Facebookページもあります。

色鮮やかなお菓子をお供えするのが特徴で、食べると「勉強ができるようになる」と言われているそうです。日持ちのする粉菓子が基本だそうですが、いただいたのは生菓子タイプでした。

生菓子って、子供の頃は引き出物とかに鯛のやつが入ってて、兄弟と取り合いになったりしましたけど、見た目は綺麗なんですが、味のほうはどうにも甘すぎてちょっと‥‥。甘い記憶? Sweet Memories?

天神様=菅原道真といえば、福岡の太宰府天満宮。数年前に行ったことがあります。

天神様は学問の神様ですが、日本三大怨霊にも数えられていて、御所に雷を落とした怖い存在だそうですね。でもまー、出世を妬まれて、何も悪いことしてないのに京都から福岡に飛ばされて、そこで死じゃったら、祟るのも無理はないかもです。

‥‥って、あれ?! 色々調べたりして、俺、アタマ少し良くなってねぇ~?(って言い方がバカっぽくねぇ~?)

さっそく、ご利益あった模様です。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市燕4464 (飴屋本舗)

公式サイト:お菓子の飴屋本舗

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。