長岡市 麺の風 祥気 濃厚 鶏搾りつけそば(塩) / 粘度で言えば もはや、おはヨーグルト。

長岡 祥気 鶏しぼり つけ麺2017-03-23 004

長岡市「麺の風 祥気」さんで、先回は「あっさり鶏つけそば」をいただきましたので、今回は「数量限定」の鶏白湯「濃厚 鶏搾りつけそば(塩)」850円+大盛り100円いただいてみました。

長岡 祥気 鶏しぼり つけ麺2017-03-23 001

さすがに、大盛りとは言え950円ですので、それなりに期待しちゃうのは仕方ないと思いますが、、、結果「わお! なんだい、このドロドロな つけ汁は!?」でした。期待や想像を超えてきました。

「搾り」と聞きますと、生搾りグレープとか、生搾りレモンとか柑橘系を想像しますが、こちらは「鶏」を搾ってしまうと言うのですから、そりゃーケッコー、コケッコーな濃厚、濃縮な「鶏」です。
いえ、もう鶏かどうかもわからないくらいに搾られております。

長岡 祥気 鶏しぼり つけ麺2017-03-23 002

「鶏」を「鶏越えた!」・・・いえ、「飛び越えた!」ですね。
「お汁」ではなく、粘度で言えば、もはやヨーグルト。 おぼっちゃまくんで言い直せば、、、「おはヨーグルト!」

「ヤバイよ、これは。。。問題作ですぞ。」

あまり例えは、上手くないかもですけど、大げさに言うのなら・・・「お口のまわりが、養鶏場。」

長岡 祥気 鶏しぼり つけ麺2017-03-23 003

きらびやかに輝く太麺は、ウェーブ掛かってますので、この濃厚な鶏搾りがよく絡みつきます。口のまわりも、ゲル状になった「つけ汁」が、まとわりついて離れません。

自分の正直な感想は、「一度いただけば、もういいかなぁ~・・・(^_^;)」 

少なくとも、毎日食べちゃ~イケなさそうな濃厚さ。

濃厚好きであれば、一度はお試しいただいても、話の種として面白いと思います。「鶏は、どこまで濃厚で頂けるのか?」

それにしれも「鶏搾り(しぼり)」って言葉が、ぴったしカンカンなネーミングでした。いろんな意味で凄かったです。

ごちそうさまでした。。

お店の住所:長岡市寺島町729

Facebookページ:麺の風 祥気

投稿者:yukihi69

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 搾り といえば
    乳搾り を筆頭にして、、
     一番搾り とか、 豆絞り とか、、
    タオル絞って手が攣りそうになるとか、、

    いろいろありますが、
    この「鶏搾り」は、心に残ります。。

    こういうネーミングをされると、
    どうしても喰わないわけには
     いかないですう。。

    1. 問題作です。(^_^;) 鶏搾りのネーミングに負けてませんが、鶏を搾っちゃうのは、やりすぎコージーでした。

コメントの投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます。不適切な内容と判断したものは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。