新潟市南区 カレーショップにこまる 白根店 オリジナルカレー / 200円じゃないけど、100%コシヒカリ!

「カレーショップにこまる」の、白根店です。

カレーショップにこまる白根店の外観(2017年4月)

場所は、新潟市南区。ってか白根の国道8号沿い。ってかバイパスができたから旧8号沿い。スーパーウオエイの駐車場の一角。ってか、以前、らーめんみそ膳だったところ。

状況が変化して、説明に困るのです。説明に、こまる。説明にこまる。‥‥で、「にこまる」ですかね? ええ、全然ちがいますね。

にこまるの特徴は、何と言ってもそのお値段。

カレーショップにこまる白根店のメニュー

「オリジナルカレー」が、250円!

唐揚げやコロッケなどをトッピングするとアップしていきますが、にーごーまるですよ、にーごーまる! ‥‥あ、これで「にこまる」とか?

しかも、ご飯は「新潟県産コシヒカリ100%を使用」とのこと。ホントにいいんですか、にーごーまるで?

白根店はドリンクバーもあったりで、イートインに重きを置いてる雰囲気。でも、今回はオリジナルカレーをテイクアウトしました。

にこまる白根店の「オリジナルカレー」

にこまるの250円カレーの図。

ゆるめのカレールーは、タマネギの痕跡が感じられるけど、具なし。そこに、赤い福神漬。

黒い容器は、あの原価率研究所と似てる?

ちょっと確認してみましょう。以前食べた原価率研究所の200円カレーがコチラ。

原価率研究所のカレーライス(2017年7月)

原価率研究所の200円カレーの図。

似てるってか、同じ容器かも?

でも、にこまるのカレーは250円で、原価率研究所よりも高い(っても50円差だけど)。違いはどこかといいますと、‥‥ご飯、かな?

にこまるのほうが、ご飯の盛りが良い気がします。実際に計量したわけではないのであくまで主観ですが、にこまるにはミニサイズってのも存在しますから、レギュラーサイズは原価率研究所より若干多めなのかもです。

いや、盛り付けのせいでそう見えるだけかな? ご飯をふっくら盛ったか、ぎゅっと盛ったかの違い? てか、写真のアングルのせい?(笑)

いずれにせよ、あたたかいカレーライスを250円でいただけるのはありがたい。

原価率研究所は研究終了という名の閉店が相次いで、他の会社に買収されたみたいな話ですね。まだやってるお店もあるのかな? にこまるは頑張って続けていただきたいです。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市南区鯵潟423-1

Twitter:カレーショップにこまる

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。