亀田製菓 亀田のカレーせん / 記憶の味より、ずいぶんスパイシー。

久しぶりに食べたら美味しかった、「亀田のカレーせん」。

亀田のカレーせん(ジョイパック)

袋に書いてあるとおり「昔なつかしい」のですが、記憶の中の味よりもスパイシーで、大人向け。ビールのお供にぴったり。

カレー味にしとけばだいたいなんでも美味くなる説」ってのもありますけど、たぶん皆さんが思ってるより美味しいですよ、これ。

ひとくちサイズで、食べやすかったです。「顎の細い現代っ子にもマッチしそうだけど、昔のはもっと厚くて大きかったよね?」とか思って、亀田製菓の公式サイトで検索してみましたら、カレーせんは複数のラインナップがあるようです。

写真のチャック付き袋(ジョイパック)のは、「亀田のカレーせん ミニ」ってのがフルネームらしく、ミニの付かない普通の袋のやつや、お子様向けに辛さひかえめなバージョンもありました。

「カレーせん」ってネーミングは、やはり「カレーせんべい」の略なのだと思いますが、なかなか思い切った短縮、省略、縮小、経費節減、緊縮財政です(なんでや)。スチャダラパーをスチャダラと略す的な、ダウンサイジングの極み。

で、それで思い出したのが、以前見たネイティブ系中華料理店のお話。

新規開店したお店だったのですが、道路に面した看板に、「アルバイ募集」の文字がデカデカと‥‥。

最初見た時は「アリバイ募集」かと思って、二度寝しました。‥‥寝るな、起きろぉー! 寝ちゃダメだ、寝たら終わりだぞ! 一緒に生きて降りるんだこの山を!

もとい、二度見しました。アリバイは特に持ち合わせていませんでしたが、平気でした。やましいことも特になかったので。

(分かりにくいので説明しよう! これは「山」と「やましい」をかけた高度な言葉遊びなのだ!)

「アルバイト募集」って書きたかったんだと思うのですが、書き切る前に挫折しちゃったんでしょうかね? でも、そこはせめて「バイト募集」にしないと伝わらないですよね。「バイト募集中」でもいいか?

ごちそうさまでした。。。

2018年5月追記:アルバイ募集のお店の記事を書きました → 山水らーめん

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。