あやめコーポレーション ポッポ焼き / 真空パックの発想はなかったが、通販で発送はされる。

お祭りの屋台で売ってる、ぽっぽ焼き。新潟のB級グルメのひとつです。

と言っても、地域により知名度に偏りがあります。詳しくは、以前書いた記事「三条まつり露店のぽっぽ焼き」をご覧くださいませ。

ぽっぽ焼きの欠点は、普通のお店ではあまり売ってないこと。

スーパーとかで買えるのは「もどき」で、ぽっぽ焼き風の蒸しパン(上記の記事でも書いてます)や、セブンイレブンのポッポ焼き風黒糖ドーナツなど。

だったのですが、しかし! 凄いのを発見しました!

あやめコーポレーションのポッポ焼き(真空パック)

その名も、「ふる里新潟の味 ポッポ焼き」。製造販売元は、株式会社あやめコーポレーション。

上越新幹線燕三条駅の新潟土産コーナーで買ったのですが、これの何が凄いかって、「真空パックのぽっぽ焼き」なところ。

そう、ぽっぽ焼き風ではなくて、リアルぽっぽ焼きなのです!

あやめコーポレーションの公式サイトによりますと、

  • 昔ながらの製法で、黒糖100%を使用
  • トースターで5分ほど加熱すると、製造直後の風味と味わいが再現される
  • パックのまま冷凍保存も可能

だそうです。

今まで見た中で、一番本物に近い(てか本物なんですけど)。お祭りの屋台で買うのに比べると、味も見た目もちょっと綺麗過ぎる気がしないではないですが、ナンバーワンのリアル度(だから本物なんだってば)。

真空パックということで日持ちもするし、これは新潟を代表する土産菓子になれるかも。‥‥にしちゃー見た目が地味だけど(笑)。

公式サイトではネット通販もやってますので、県外にお住まいの方はぜひどうぞ。東京にお住まいなら、表参道の新潟館ネスパスで買うこともできるみたいです。

ごちそうさまでした。。。。

さぁ~て、次回の大盛りユキヒロックは?

ポッポ焼きをお土産に、東京へ。次回からしばらく東京編が続く予定です。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 大盛り様、お疲れさまです。

    今回は『ポッポ焼き』ですね。

    今でこそ県内のお祭りやイベント会場のあちこちで見かけますが、私が子供の頃のお祭りでは見たことが無かったと思います。

    私は燕市出身ですが、市のお祭りでも三条市の八幡様のお祭りでも、ポッポ焼きというのは見たことが無いような気がします。

    新潟市へ引っ越して来て、蒲原祭りで初めて見たような…

    ですからポッポ焼きの匂いで郷愁を感じる事がありません。

    ごめんなさい、記事に水を差すような事を言ってゃって。

    1. 返信おそくなってすみません、東京に遊びに行ってました。
      今でこそ、三条でもお祭りで『ポッポ焼き』が並んでるくらい人気ですが、
      自分が子供の頃はなかったと思います・・・あったとしても人気なかったと思います。
      新潟でも北の方の郷愁なのでしょうね。 
      自分の子供の頃と言うより、大人になってからの郷愁かも知れません。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。