十日町市 名代生そば 由屋(よしや) / 新潟名物「へぎそば」をいただくなら、コチラ!

へぎそばの超有名店、十日町の「由屋」。

名代生そば由屋の外観(2017年5月)

屋根の上の、右横書きの看板にご注目。これは、あの岡本太郎先生の書なのだそうです。芸術は爆発だ!

国道117号沿いです。仲間と日帰り旅行に行った際に、連れてってもらいました。行列必至の人気店なので、一人で入る勇気がなかったというか、ラーメン党にはハードルが高かったというか。

ランチタイムでしたが、予約しててくれたのですぐに入れました。スムーズにイン、スムーズイン!

卓上のそば徳利、そば猪口、漬物、小鉢など

小鉢2種類

蕗の煮物

小上がりには、そば猪口やそば徳利がセッティング済み。しかも、漬物や小鉢なども並べられてて(たぶんサービスの品?)、いと嬉し。

そして‥‥ジャジャ~ン♪

由屋のへぎそば(大へぎそば、約4人前)

越後名物「へぎそば」でやんす! 県内で(たぶん)人気ナンバーワンのへぎそば!

「へぎ」は蕎麦を盛る器のことで、要するに木の箱の名前です。‥‥箱の名は。(言うと思った)

蕎麦は、布海苔でつないだ「布海苔そば」。一口大に丸めて、へぎに盛り付けられています。

その蕎麦を、皆で分け合って‥‥取り合って? いただきます。シコシコとした歯ごたえ! 喉越し良し! 美味し!

薬味は和辛子。昔は、魚沼地方ではワサビが採れなかったので、へぎそばの薬味は伝統的にカラシなのだそうです。由屋もその伝統を守ってます。

そして、「天ぷら」。こちらも美味し! 揚げたてサクサクで、誠に美味し!

由屋の天ぷら(海老、山菜、カボチャなど)

特に山菜の天ぷら、コシアブラかな? めちゃくちゃ美味し! 美味しいものをいただくといつも思うのですが、家族にも食わせてやりたい!

お値段は、思ってた以上にリーズナブル。4~5人前の「大へぎそば」で3500円なので、蕎麦だけなら一人あたり900円弱くらい。

リーズナブルで、ボリュームもあって、託児所があって、親切指導。‥‥いえ、それは新潟県民にしか分からないギャグでした。

由屋に託児所はございませんが、ハードル、全然高くない! むしろ、めっさフレンドリーじゃないですか! 自分で勝手にハードルを上げておりました、誤解しておりました。‥‥「胃の中の食わず」的な? ケロッ♪

いやはや感激、最高でした。もっと早く行ってればよかったです。

ネイティブ新潟民にしてこの感動ですので、県外の方にはぜひ由屋のへぎそばを食べていただきたい。新潟でへぎそばを食べるならこのお店! オススメです!!

なお、由屋の店内は広く大きく、席もたくさんありますが、なにせ人気店ですので、事前に予約するのがよいと思います(スマホなら十日町市観光協会の由屋のページから電話できます)。

そういえば、十日町市に来るといつも思うのですが、「町」なのか「市」なのか? でも、それをハッキリさせない優しさ? 大らかさ? ‥‥好きです!(ハッキリしとるやろ!)

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:十日町市土市第四(名代生そば由屋)

追記:十日町は元々は「十日町村」で、その後町制を施行して「中魚沼郡十日町」に、昭和29年(昭和の大合併の頃)に市制を施行して「十日町市」になりました。「○○日町」という地名は全国にあって、多くの場合は「その日に市が立ったから」という由来なのだそうです。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。