三条市 割烹食堂 福泉 豚生姜焼き / 新潟での旅の終わりは、はんばきぬぎ。

そうです、「はんばきぬぎ」です。うちらの地元では「はんばぎぬぎ」で、少し濁音多め。

新潟弁で、旅先から帰ってきて地元で行う慰労会をそう呼びます。由来は「はんばきを脱ぐ」ということで、はんばきは脛巾(はばきん)=脚絆のことだそう。東北地方でも使われる言葉みたいです。

で、今回は「はんばきぬぎアット福泉」でした。ハンバキ、ヌギヌギ~♪(Negiccoふう)

最近の福泉といえば、有名なのはコレ。

福泉の豚生姜焼き(単品)

ステーキみたいな分厚い「豚生姜焼き」。

豚生姜焼き定食でなく、単品で酒のつまみにする。これもアリです。「あ! 単品でも頼めるんだねぇ~?」という感じで、目から鱗、鼻から牛乳でした。

ちなみに、「目から鱗が落ちる」の由来は新約聖書で、元は英語のことわざなのだそうですよ。「鼻から牛乳」は、‥‥たぶん嘉門達夫じゃね?(爆)

そして、福泉でのマイ定番おつまみ「もつ焼き」。モッツ・マングローブ。

福泉のもつ焼き(ミックス焼き・タレ)

福泉のもつ焼きは、白もつ、レバー、タン、ハツ、ミックスがあります。

ミックス焼きは、欲張りさん向けの全部入り。自分もやっぱりミックスですね、ミックス・マングローブですね(謎のミッツ推し)。

味付けは塩とタレが選べますが、臭みが気にならないタレのほうが好きかも♪

他に、冷奴なども。

福泉の冷奴

旅の思い出を語らいながら、仲間たちと呑んで、食って、笑って。

‥‥最高です。いつもありがとうございます。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:三条市一ツ屋敷新田748-1

公式サイト:お食事やご宴会なら割烹食堂福泉

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。