三条市 吉野家 燕三条店 牛丼(テイクアウト) / キン肉マンの牛丼って、実は‥‥!

牛丼は、店内で食べることがほとんどで、滅多にお持ち帰りしないのですが、この日は忙しくて、昼食が中途半端な時間になってしまって‥‥。

ですので、国道8号沿いの吉野家でテイクアウト。

吉野家の牛丼大盛りテイクアウト(開封前)

てか、「牛丼 大」って書いてありますが‥‥そういうことなん大(だい)! (^^ゞ

いただきます。

吉野家の牛丼大盛りテイクアウト(開封後)

アッツアツも良いのですが、少し冷めた牛丼もまた良し。

ちょっと時間をおくと、つゆがご飯になじんで、本来の味ってのが前面に出てくるじゃないですか?(そうなんですか?) なんと申しましょうか、味が凝縮する感じ?

ギューっと凝縮。ギューっと、牛ーっと。牛丼だけに。

‥‥えー、それと今回痛感したのが、「あー、やっぱり吉野家の牛丼って美味しいんだなぁ~♪」ってこと。美味しすぎて、嬉しくなって、笑ってしまいました。

ウッシッシ、牛ッシ。牛丼だけに。

‥‥そういうダジャレ、モーいいかい? まーだだよ♪ (^_^;)

寒いギャグはさておき、美味しかったです。普段は断然すき家に入る機会のほうが多いのですが、吉野家のテイクアウトを食べて、歴然たる味の違いに改めて気付き、驚きました。

ちなみに、吉野家の創業は、吉野家公式サイトの沿革によれば1899年(明治32年)のことだそう。当時は個人商店だったそうですが、来年で120周年? スゴっ!

牛丼ひとすじ120年。そういえば、初期のキン肉マン(ギャグマンガだった頃)では「牛丼ひとすじ80年」でしたよね。アニメのキン肉マンだと「牛丼ひとすじ300年」ですけど。

これの元ネタは、吉野家のテレビCM(っても見た記憶がないのですが、当時の新潟で放送されてたのかな?)。なので、すっかり「キン肉マンの牛丼=吉野家」だと思ってたのですが、実は!

作者のゆでたまご先生は、原作(嶋田隆司先生)+作画(中井義則先生)の二人組で、どちらも大阪の出身。当時の大阪では牛丼といえば「なか卯」だったので、「キン肉マンの牛丼=なか卯」なのだそうです!

な~るほど・ザ・ギュードーーーーン! どおりで、近年、すき家やなか卯のキャンペーンにキン肉マンが登場してますよね。

追記:これにはいろいろな事情があったようで、こちらのブログ様が詳しいです → ゆでたまご・吉野家問題のまとめ – Nikupedia log

あと、「ゆでたまご」というペンネームは、「ゆで」と「たまご」とする説と、「ゆでたま」と「ご」とする説と、二つあるようです。

「ゆで」or「ゆでたま」は嶋田先生で、「たまご」or「ご」は中井先生なのだそうですが、いずれにせよ「茹でた孫」じゃなくてよかったと思う今日この頃。悪の十字架、恐怖の味噌汁。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市上須頃323番地

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

  1. 牛丼好きで月一回は食べます。90パーセント吉野家です。松屋、なか卯、すき家、、、色々食べたのですが吉野家が自分の口に1番合います。キン肉マンの牛丼、吉野家だと思ってました。
    三条の吉野家は、アクアホテル燕三条に泊まったときに朝、食べました。10年前、特盛でしたが今は並かアタマ大盛りです。
    安いし早いので昼が忙しいときに浜松でよく食べます。

    1. 今回の事で、吉野家の美味しさに改めて気が付きました。(^^) 私の初めての牛丼チェーン店は吉野家でした。

  2. ええ!キン肉マンの牛丼はなか卯だったんですか!?
    子供の頃始めて東京に連れて行ってもらった時、とにかく吉野家の牛丼が食いたいとせがみ
    「これがキン肉マンの食ってる吉野家の牛丼か~!」
    と感動したというのに・・・
    ちなみに東京に住んでた頃は牛丼といえば「らんぷ亭」で毎日食ってましたが
    いまはあまり見かけなくなりましたよね。

    1. キン肉マンがすき家のCMに出ていて、とても違和感があったのですが、
      吉野家でもなく、なか卯だったと筆者が公言されてるそうです。
      神戸らんぷ亭は、現在全て閉店してるそうです。
      現在は業務転換して、牛丼メニューがない、横浜家系のラーメン店
      「壱角家(いっかくや)」となってるそうです。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。