長岡市 寺泊海岸温泉 美味探究の宿 住吉屋 / ジャズの夕べで、フリューゲルホルンと料理を愉しむ。

ホテル住吉屋の「ジャズの夕べ2017」(の1日目)に行ってきた時のお話です。

ジャズの夕べは、住吉屋で毎年開催されるディーナーショー。演奏を聞きながらお料理をいただく‥‥のではなくて、まずお料理をいただいて、その後に演奏を楽しみます。このことは、ミーは既にNASPAニューオータニで学習済みざんすよ、オ~ホホホ。

てなわけで、お言葉に甘えて先に空腹を満たします(笑)。

住吉屋「ジャズの夕べ2017」の料理その1

住吉屋「ジャズの夕べ2017」の料理その2

住吉屋「ジャズの夕べ2017」の料理その3

寺泊港のすぐそばですし、魚のアメ横も近いので、やはり海の幸推し。「美味探求の宿」だけあって、いろいろ工夫されたお料理でした。おいしゅうございました。

お酒は、ビールやワインなどが飲み放題。家族に迎えを頼んでいますので、存分にいただいちゃいました。♪ノミホ~ ノミホ~ ノミノミホ~(スーパースリーの歌のふしで)。

お料理を堪能したあとは、いよいよジャズです。

出演は、フリューゲルホルン奏者の土濃塚隆一郎(とのづかりゅういちろう)さん。土濃塚さんはジャズの夕べに毎回出演されてるようです。

フリューゲルホルンはラッパの一種で、ぱっと見はトランペットコルネットに似ています。音域もこれらとほぼ同じですが、音色はより太くて甘い感じです。

土濃塚さんが頬をパンパンに膨らませて奏でるロングトーンは、とても哀愁のある音色。この日はフリューゲルホルン+キーボード+ドラムのトリオ編成で、ジャズのスタンダードナンバーの他に日本の童謡とかも演奏されてたのですが、それにもよく似合ってて、とても心に残りました。

情熱的なスタイルの演奏は、観てるだけでも心に響きます。お料理に酔い、お酒に酔い、フリューゲルホルンに酔い‥‥。酔い良い尽くめの宵、ハァ~よいよい(合いの手)。

ジャズの夕べは、今年(2018年)も開催されるようですが、残念ながら私は行けません(泣)。宿泊することもできるそうですので、興味のある方は住吉屋のブログをチェキラウ!

ごちそうさまでした。。。

じゃらんnet:寺泊海岸温泉 美味探究の宿 住吉屋

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。