三条市 和風食堂 更科 カツ丼 / 卵とじの黄色い大地で、地質学者きぶん。

国道8号沿いの、「和風食堂 更科」。

和風食堂更科の外観(2017年8月)

旧・栄町、猪子場新田交差点の角。8号線はここらへんから車線数が変わります。

更科食堂は夜10時まで営業してて、周辺は工業団地なので、夜食の需要もあるみたいです。うちの弟は近くのメッキ屋さんでバイトしてたのですが、夜食はいつもこちらのラーメンで、それも夜間アルバイトの魅力だったと言ってます。

この日いただいたのは、「カツ丼」。味噌汁お新香付きで800円也。

更科食堂のカツ丼

更科食堂のカツ丼アップ

カツ丼は黄色かった。玉子とじの卵が全体的に均一的にカツの表面を覆ってます。几帳面型カツ丼 (^_^;)

ちなみに、ガガーリンの「地球は青かった」ってのは意訳というか超訳で、ロシア語の原文は「地球の縁(水平線)は水色の光の輪に見える」みたいな感じなのだそうです。

青い地球を、いえ、黄色い大地を食べ進めますと‥‥

更科食堂のカツ丼・断面図

卵、とんかつ、タマネギ、ご飯、4層にわたる断面が出現。これがホントの「カツ断層」!

ご飯がタレ飯層と白飯層に分かれていればモアベターでしたが(私好みのカツ丼についてはこちらもご覧ください)、これも又良し。地質学者きぶんで、気分良し。

更科食堂の丼ものにはセットメニューもあって、牛丼・カツ丼・天丼と、ラーメン・山菜そば・山菜うどんを組み合わせることができます。

それで980円也なので、セットにするとかな~りお得なのですが、今回は単品のカツ丼。‥‥少食ですんません、ホンマすんません少食で!(どの口が言うか!)

麺類はすべて自家製麺とのことですので、特にラーメンをチェックしてみたいところ。ですが、実は自宅から近い割に、なかなか行く機会がないのです。

「いつでも行けるし、せっかくだから別の店」みたいな心理なのでしょうね。‥‥そういうことって案外あるよね、あるある。

なお、三条市内には複数の「更科」がございます(更科支店とか)。間違わないようご注意ください。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市猪子場新田1374

公式サイト:和風食堂 更科(商工会のページ)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。