燕市 呑んで喰って 和朗亭 とりの竜田揚げ定食 / ワンコインが、ワンワンコインになってました。

吉田の居酒屋、「呑んで喰って 和朗亭」。

呑んで食って和朗亭の外観(2017年8月)

和朗亭=わろうてい=笑うてー。大阪弁のダジャレ店名ですね。

ランチタイムも営業してて、500円のワンコイン定食が有名でしたが(旧ブログの記事はこちら)、昨年(2017年)8月に久しぶりにうかがったら‥‥

和朗亭の定食メニュー

ワンコインが、「ワンワンコイン」になっておりました(笑)。値上げして600円になったので、500円玉と100円玉でワンワンコイン。

店名とかのネーミングセンスはユニーク系ですが、味は結構な生真面目系(どんな系やねん)。

その生真面目さはメニューからも垣間見え、下のほうにこんな注意書きがあります(写真はクリックすると大きくなります)。

ライスのお替わりは1杯目は無料(300gまで)
2杯目からは200円(200g)いただきます
ご了承お願いいたします

ライスのグラム数まで書いてある! まじめ!!

てなわけで、今回は「とりの竜田揚げ定食」にしてみました。

呑んで食って和朗亭の「とりの竜田揚げ定食」

竜田揚げは、どのタイミングで食べるべきでしょう?

そりゃーもう、揚げたてですよね。たった今、そう、たつたいま‥‥竜田、今。てへへ (*´∀`*)

とり竜田揚げは、なかなかの量。

呑んで食って和朗亭・とり竜田揚げの皿

このくらいの量ですと、おかず配分計画を考えなくてもライスをおかわりできて、ありがたいのです。付け合せの野菜もたっぷりだし、ポテトサラダもグッジョブ! ポテサラ好きなので。

そういえば、竜田揚げ(立田揚げ)と唐揚げの違いって、

竜田揚げ 唐揚げ
片栗粉 小麦粉
下味 つける つけない

という感じらしいのですが、この境界線、近年は曖昧になってきてますよね? 鶏のから揚げは下味をつけるのが当たり前、みたいになってますし。

でも、和朗亭のは下味をつけた鶏肉に片栗粉な衣で、「うむ、これぞ竜田揚げに相違ない」という感じでした。

ワンワンコイン定食は、とりの竜田揚げ以外にも、ハンバーグ、メンチカツ、焼き肉、サバミソ煮、天ぷら、ねぎとろ丼、天丼、まぐろ丼(または定食)と種類も多いです。「知る人ぞ知る」な場所にある嬉しいお店、それが和朗亭なのです。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市吉田栄町14-2

追記:通りすがりですさんより、2018年7月末で閉店されたとのコメントをいただきました。‥‥ショーック! ほんと残念でたまりません。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

※返信は子階層のコメントになります(入れ子は最大5階層まで)。

    1. 教えていただきありがとうございます。 とても残念ですね。(泣)

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。