新潟市西区 らぁめん・一品料理 よしざわ 鶏醤油 / 和のオーラ、腕におぼえあり!

2017年9月に訪問した、「らぁめん・一品料理 よしざわ」。

らぁめん・一品料理よしざわの外観(2017年9月)

2018年現在は新潟市北区に移転しておりまして、店名も「らぁ麺・酒菜 義澤」となっています。

黒埼スマートインターチェンジのそばの、以前「げん固つ亭」だったお店。県道46号沿いです。44号かな?

このルートは、通る機会が少なかったようです。げん固つ亭も、2~3回しか行ってなかったようです(旧ブログの記事)。

「ようですようですて、なんで他人事やねん!」

記憶が、記憶が‥‥。年々、忘れっぽくなっていくお年頃w

外観とかはげん固つ亭時代と同じですが、内装はリニューアル。洋風なイメージだったのが、ちょっとシックな和風になってて、驚きました。

そんなに大がかりなリフォームでもなさそうなのに、清潔感ある和の雰囲気に‥‥。厨房のご主人が放つオーラのせいでしょうか? まだ若そうですが、「腕におぼえあり!」とお見受け致し候。

メニューも和風な縦書き。右から、地鶏らぁめん → 煮干しらぁめん → つけ麺 → 辛つけ麺 → まぜそば、と並んでて、それぞれに醤油・塩・味噌のバリエーションがあります(まぜそばを除く)。

食券機における左上の法則を応用するなら、縦書きメニューでは一番右に書いてあるのがお店のオススメということになります。縦書きメニューの法則。上下(かみしも)の法則?

そんなわけで、こちらをいただきました。

らぁめん・一品料理よしざわの地鶏らぁめん「鶏醤油」

地鶏らぁめんの「鶏醤油」。750円だったと思います。

ひとことで言うと、和食職人の造るラーメン。

赤い(豚?)レアチャーシュー、白い鶏チャーシュー、丸い鶏つくね。三種の神器ならぬ、三種のお肉。豪華絢爛、百花繚乱。

ミツバとネギが和食感を醸し出し、スープの味わいも上品。しっかりとした技術のある職人さんなんだろうなぁ~、って思いました。

「次回は塩で食べてみたい」と思っておりましたら、北区へ移転されたとのこと。三条からだと気軽に行けそうになくて、ちょっと残念 (^_^;)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:新潟市西区木場1421

2018年4月に新潟市北区木崎1111-3へ移転、「らぁ麺・酒菜 義澤」になりました。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。