燕市 なおじ 吉田店 生姜醤油ラーメン / 長岡へのオマージュ、青島へのリスペクト。

国道116号沿い・北吉田駅から徒歩3分の、なおじ吉田店。

新潟ラーメンなおじ吉田店の外観(2017年9月)

燕三条系の背脂醤油、野菜たっぷり割りスープ付きのこまどり系とはまた違うっぽい味噌、丸源っぽい?肉そば、世紀末覇者拳王ならぬ濃厚豚骨ナオウなど、「新潟ラーメン」の看板に違わぬ多種多様なラインナップの中から、今回は長岡へのオマージュと思われる「生姜醤油ラーメン」をいただきました。

‥‥前置きのクセがすご~い!(千鳥のノブ)

なおじ吉田店の生姜醤油ラーメン(特盛)

自分のことなので、たぶん大盛だと思います。もしかして特盛だったかもですが、いずれにせよムッツラ感。ボリュームがあって、託児所があって(親切指導)、グッド。

長岡で生まれた生姜醤油ラーメンの特徴は、もちろん生姜の効いたスープ。

元々は豚の臭みを消すのが目的だったらしいですが、身体があったまるということで、雪深い長岡の町に根付いたのだそうです。

なおじのスープは、優しめ甘め。色はブラウニーで、長岡生姜醤油としてはもっと黒いほうがそれらしいと思うけど、そこはまあしょうがあるめぇ、生姜醤油だけに♪ (^_^;)

また、「薄切りチャーシューがタップリ」「青物がほうれん草」も、長岡生姜醤油の重要なアイコンと思います。

なおじの生姜醤油ラーメンには、ピンクの薄切りチャーシューがタップリん! いい感じなのですが、ほうれん草はのってなくて、ネギたっぷりでカバー? そこはまあしょうが(以下略)

長岡生姜醤油ラーメンは、元祖の青島食堂が東京に出店して、知名度がぐっと上がりました。秋葉原店も行列必至の大人気ぶりですし、冬の寒さに関係なく全国区になり得る美味しさだと思います。

けど、デフォのラーメンが800円という設定は、ん~、どうでしょう?(長島監督)

ちょっと動揺しちゃう価格だし、常に大盛りなオオモラーもしくはオオモリストは、そこからさらに「プラス100円の刑」に処されてしまうのです。

燕背脂ラーメンの元祖のお店も同様ですが、非常にキビシーッ!(財津一郎)

その点、なおじの生姜醤油ラーメンは、このチャーシューの量で580円。大盛は70円で、特盛は130円‥‥。一言、ありがたし!

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市吉田鴻巣27-44

公式サイト:新潟ラーメン なおじ

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。