燕市 喜多方ラーメン 坂内・小法師 吉田店 / イメージぴったし、安心安定の喜多方ラーメン。

吉田の国道116号沿い、「喜多方ラーメン 坂内・小法師」(ばんない・こぼし)。

喜多方ラーメン坂内・小法師吉田店の外観(2017年10月)

喜多方に、来たかった。小法師のスープ、こぼしなさんな。

‥‥すんません、どうしても言いたくて。合わせ技で一本? 座布団とられる?

坂内・小法師は、首都圏を中心に展開するラーメンチェーン店。坂内・小法師の公式サイトによりますと、この吉田店が新潟県内で唯一のお店だそうです。

チェーン店とはいえ、福島県まで行かなくても喜多方ラーメンを食べられるのはありがたい。デフォの「喜多方ラーメン」をいただきました。

坂内・小法師吉田店の喜多方ラーメン

澄んだ塩醤油スープに、平打ち熟成多加水麺で、安心安定の喜多方ラーメン。

三条市近辺の喜多方ラーメンのお店としては蔵の見附店があって、行ってる回数は蔵のほうが断然多いんですけど、自分の中の「喜多方ラーメンのイメージ」に近いのは、坂内・小法師のほう。

例えば、青竹踏み風ビロビロ手もみ麺なところとか。「やはり喜多方ラーメンは麺なんだよねぇ~」というような意見を「麺好きタイプ」のラーメン愛好家の方からよくうかがいますが、確かに喜多方ラーメン特有の麺ですよね。

たっぷりの量が嬉しいチャーシューは、喜多方市内の行列店「坂内食堂」のスタイル。坂内・小法師を運営する株式会社麺食は、坂内食堂と提携しているのだそうです。

追記:坂内・小法師と坂内食堂との関係は、こちらの記事が詳しいです。

「喜多方ラーメン 坂内」が全国区になった陰には、30年間貫き通した“麺の哲学”があった – メシ通 | ホットペッパーグルメ

「坂内・小法師」というダブルネームの理由なども分かって、なるほどという感じでした。

そして、カメラを引いてみますと実は実は‥‥

坂内・小法師吉田店の喜多方ラーメンとライス

ランチサービスの無料半ライスなども添えてたりして (^_^;)

そういえば最近、「喜多方と燕のつながり」についての話を耳にしました。最重要機密情報です(大げさ)。これについては長くなりますので、また別の機会に‥‥。

あとちなみに、今回の写真。

透明感があって、「今までと違うじゃーん♪」じゃないですか? 実は、スマホを変えました。

iPhone 4sをずっとずーっと使ってきたのですが、ようやく機種変。今回の記事から、iPhone 8 Plusで撮影した写真なのです! パチパチパチ♪

デュアルレンズカメラ搭載で、簡単に「ボケ味」のエフェクトをかけることができます。明るいレンズで、気に入っています。

そう、カメラ機能はとても気に入っているのです。ですが、ですが、サイズが‥‥。携帯電話としては、腹が立つほど大きい。

もう少し待てばiPhone Xが出るのは分かっていたのですが、我慢できませんでしたw でも、でかすぎるスマホはやっぱ不便。正直、ちょっと後悔しております。

でもまー、デジカメ付きの携帯電話じゃなくて、携帯電話付きのデジカメと考えれば小さいし。いや、小さくはないけど、薄くて軽いし。お値段も違うし。

そう自分に言い聞かせて、3~4年は使い続ける予定です。

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市吉田2756-1(坂内・小法師吉田店)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。