三条市 すき家 燕三条店 ねぎ玉牛丼 / すき家の裏メニューを調べてみた。

すき家 ねぎ牛丼 2017-10-20 009

「あんたも・・・すき家ねぇ~。」 またしても、すき家で「ねぎ玉牛丼」でした。

しかーも、写真のバックがボケてますが・・・健康志向?!珍しくサラダセットや~ん。(あれ?野菜ブログじゃなかったんだっけ?)

ネギたっぷりに、しかもサラダまで・・・さすが、(偽称)野菜ブロガーですね。てか、ブロガーとか、もう死語ですかね。時代の移り変わりは諸行無常の響ありッスねー。

うらめしや~ 裏飯や~・・・と言うことで、やや強引に・・・すき家の裏メニュー(裏オーダーって言う方が良いのかな?)について調べてみました。

まず、牛丼チェーン店で良く聞く「汁だく」ですが、計3倍の汁の多さ「つゆ だくだく」までは可能のお店が多いとのこと。店舗によっては、「つゆ だくだくだく」など応じてくれるノリの良い店舗もあるみたい。ネットでは「つゆ限界」ってのもやってる方がいました。でも、さすがに「牛汁」みたいになってしまい悪ノリ過ぎる、、、「頼んだ以上、ちゃんと残さず最後まで食べてくださいね。」って感じですね。

逆に、「抜き」ってのもお願いできるようです。自分は汁が多くない方が好みなので「汁少なめ」ってのを対応していただけるなら、そんな気分の時もありますが、「抜き」ってことになるとちょっと抵抗感ありますね。「抜き」と言っても当然多少は汁あるのだと思われます。自分の周囲の中にも、「ご飯がビチャビチャするのが嫌なんです。」と言う方もおり、そういう方はよく「牛皿」定食を頼んでる光景を見ることがあります。そんな方にも「抜き」・・・ちょっと試してみたらいかがかしら?

「汁」ではなく「あたま」・・・つまり、お肉の部分の裏メニューとして、肉の脂身の多さをオーダーできるそうです。(やったことなーい!知らなかったー!)
「とろだく」(たぶん、脂身の多い肉を多めにしてくれるのだと思います。)「赤多め」(赤身のお肉ってことでしょう。)というのが、すき家でオーダーできる裏メニューなのだそうです。ただし、対応していただけない店舗も多いのでご注意が必要とのこと。

更に盛り付けについての裏メニュー・・・「肉下」って知ってましたか?
これは、肉をご飯の下にするのが「肉下」(逆盛り 牛肉部分を丼に盛ってから、ご飯を盛る。)のことなのだそうです。
「ことなの」と言われても、そんな発想すらなかったです。どういう意味があるのか不明ですが、もしかしてご飯に汁が掛かりにくい効果を期待してのことでしょうか?だったら、牛皿を頼んだ方が間違いないのに・・・こちらは大体の店舗で対応してくれるそうですよ。

あと、裏メニューって言えるのかわかりませんが、温かいお茶をたのんで・・・「牛丼茶漬け」を自分でこしらえて食べてる人とかいるみたい。「ひつまぶし」の要領からいけば、そんなに不思議ではないのかもです。

裏メニュー調べるの面白いですね。今度は他のチェーン店でも調べてみようと思います。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市大字下須頃字八枚田241-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。