上越市 たんたん麺の店 菜心 担々麺 / 辛くとも淡々と担々麺をいただく。

上越遠征2杯目。(2日目みたいにサラッと言ってみましたが、2杯目、一日に2杯のラーメンですから。)若い頃は3杯(しかも、大盛り、大盛り、普通盛りとか・・・)でしたが、最近はめっきり2杯(普通盛り)で限界LOVERSです。

たんたん麺の店 菜心 2017-11-03 023

ずっと行ってみたかった上越、高田「たんたん麺の店 菜心(さいしん)」。

店名どおり! やはり! ここは担々麺なのでしょう。

メニューは担々麺でも、黒ゴマ担々麺や、四川担々麺など豊富なラインナップ。

ここは、メニューを「細心」(菜心だけに)の注意を払って、見る必要がありそうです。

導き出された答えは・・・まず、一番ノーマルと思われる、何もつかない担々麺をチョイス。

たんたん麺の店 菜心 2017-11-03 031

「わ!この担々麺・・・美味い」第一印象です。

素朴な担々麺なのですが、イメージする担々麺を忠実に再現したルックス。味は濃厚かつ深みがあるけど、意外とサッパリいただける感じ。辛味も丁度よい辛さ。(個人差があります。)
とにかく、バランスが良い美味しい担々麺でした。

そもそも、担々麺は中国四川省生まれで、天秤棒で担いで町中で売られたのが由来で「坦坦麺」。そうそう、表記も本来は「担担麺」であって、日本は「坦々とした道」の「坦々」と混同されて「坦々麺」と描かれることが多いそうです。

原点は「汁なし担担麺」だそうです。天秤棒で担いで売っていたということを考えたら、汁があっては溢れますし、重いですものね。

担担麺と言えば、ゴマってイメージですが、ゴマではなく「ラー油、花椒、芝麻醤」などをベースした辛味を茹でた麺の上にかけたものがそもそもの担担麺とのことです。

あ、つい・・・坦々と・・いえ、間違った・・淡々と説明しちゃった♪

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:上越市東城町1-12-16(たんたん麺の店 菜心)

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

※コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。