長岡市 安福亭(あんぷくてい)神田店 老麺 / 燕背脂ラーメン、長岡にもありま~す。

生姜醤油ラーメンの長岡で、背脂ラーメンといえば安福亭。

燕背脂の元祖・杭州飯店からの流れと聞いております。よろしければ燕背脂系図もご覧ください。

その安福亭の、神田店がこちら。

安福亭神田店の入口(2017年11月)

駐車場は、少し離れたところですが二つあります。写真の「駐車場のご案内」のとおりです。

ちなみに、前の通りを南にまっすぐ進めば安福亭本店に着きます。でも、行く機会が多いのは神田店のほう。

「ラーメン」をいただきました、普通盛りで(!)。

安福亭神田店の老麺(ラーメン)

「‥‥大盛りで、だろ? 素直に吐け!」

ち、ち、違います刑事さん、これ大盛りじゃないんです! 普通盛りです! ‥‥信じてください (TдT)

無実なんです、何かの間違いです。きっと、食券機のボタンを押す前に体型で判断されちゃったんです!(んなワケあるか!)

その食券機では、ボタンの表記は「老麺(ラーメン)」となってます。これは本店でも同様。

「柳麺」てのも本格中華のお店とかでたまに見ますけど、ググってみましたら、中国語としては「拉麺」が正しいみたいでした。「老麺」は、中華まんの皮の生地でそういうのがあるのだそうですよ。

でも、安福亭では老麺=ラーメン。そして、そこにセルフでネギをオン!

安福亭神田店の老麺(ラーメン)・ネギを追加したところ

そうです、燕背脂といえばタマネギですが、安福亭では長ネギなのです。輪切り(小口切り?)と白髪ネギがあって、セルフサービスで入れ放題。

‥‥だったのですが。

このセルフネギサービス、最近やめてしまったそうで、話題になってました(私が訪問したのは2017年11月です)。

ネギを入れ放題にできなくなって残念な気持ちは私も一緒なのですが、一方的にお店を批判するのはどうかと思います。というのは、お客さんの中にかなり非常識な行動を取る人がいたみたいなのです。

食べきれないほどにネギを盛っておいて結局残すとか、タッパーを持参してネギを持ち帰るとか。お店の方は、かなり嫌な思いをされたようです。

お客さんは選べないですし、注意して逆恨みされるくらいならサービスをやめるほうが無難な選択。お店としてはそうやって自己防衛するしかないのでしょう。お気持ち、お察しいたします。

スマホとSNSが普及して、インスタ映えが気になるご時世ですが、もしかしたら自分も気付かぬうちに非常識な行動をしてたかも‥‥。いえ、さすがにそれはないとは思いますが、気をつけたいですよね。

ごちそうさまでした。。。。。

お店の住所:長岡市神田町2丁目1-13

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

フィードバック

返信をクリックすると子コメントを投稿できます(最大5階層まで)。階層を下げたくないときは親コメントに返信して弟コメントにするか、別コメントとして投稿してください。

  1. このラーメン大盛りじゃないんですか!?
    大盛りの基準が店によって違うから、初めていく店は、メニュー選びを迷いますね。

    ユキヒロックさん、新潟市中央区姥ヶ山のクッキングフォレストっていうお店に行ったことありますか?
    ここの特盛カレー、、、萬来並みの量ですね!!! このお店のチーズハンバーグカレーの特盛を田原市の牧師さん食べ切ってますね、、、、ビックリ!!!
    今日、久しぶりに牧師さんのブログを見たら、新潟県の大盛りの特集記事が載ってました。

    新潟は、静岡、愛知より大盛りの店が多いような気がします。

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。