新潟市西蒲区 拉麺厨房 福麺 味噌拉麺 / 目と耳と舌で楽しむ味噌拉麺(五七五)。

「新潟市西蒲区 拉麺厨房 福麺 味噌拉麺」

おっと、またもや画数がスゴい! ハズキルーペ! プリーズ!

拉麺厨房・福麺の入口(2017年11月)

でも、めでたい店名ですよね。お正月にふさわしいじゃ、あ~りませんか(© チャーリー浜)。

国道116号沿い、西川学習館の近くです。開店当時にうかがって以来、ひさ~しぶりの訪問。弥彦のたかみち系列で、味噌ラーメンに特化したお店だったと思います。

「味噌拉麺」をいただきました。

拉麺厨房・福麺の味噌拉麺

具は、チャーシューと、モヤシメインの炒め野菜と、コーン。

コーンがのった味噌ラーメン、好き。うれしい。

コーンは、かき混ぜちゃうと行方不明になっちゃうので、レンゲに入れて序盤に食べます。コーンの甘味が味噌の辛味とマッチして、いい感じ。好き好きー♪

モヤシが炒めなとこも好き。モヤシは炒めたほうが美味しいと思いますし、茹でモヤシより調理の手間がかかるので、炒めモヤシを使うお店は信用できる気がするのです、個人的に。

たまたまだと思いますが、この日は店員さんが一人しかいませんでした。

一人で厨房もホールも全部回してて大変そうでしたが、スピーディーかつ元気な接客で、とても感心した記憶。字画もすごいけど、接客もすっごーい♪

野菜を炒める中華鍋の音もカンコンと心地よく、ここで一句。

「目と耳と舌で楽しむ味噌拉麺」

‥‥ん? これって字余りかい? 俳句の才能なしですね。てか、季語はどれやねん!

初冬の季語で「味噌作る」てのがあるみたいなのですが(大豆を収穫した後の季節だそう)、「味噌拉麺」は季語なのか不明です (^_^;)

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:新潟市西蒲区曽根1968-1

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。