加茂市 石碾きそば 越水 ぼっちそば / 戸隠そばのざるそばは、三条のすぐそば。

小須戸線沿いのお蕎麦屋さん、「越水」。

石碾きそば越水の外観(2017年11月)

人気店ですが、実はこの日が初訪問 (^o^)>

なんとなく高級そうな感じがしてて、そういうお店でお昼をいただくとなれば、千円超えは確実。

以前、だるまやの記事で昼飯的価格設定について考察しましたが、「なんでもない普通の平日」に「ひとり」で「千円超」のランチってのは、なかなかハードルが高い。

それに、ハードルを飛び越えようってことになれば、せっかくだからってことで、もっとカロリーのあるゴールを目指してクラウチングスタートしがちなのです(謎の陸上たとえ推し)。

てなわけで足が向かなかった越水ですが、いざ入店してメニューを見てみれば、「ぼっちそば 750円」てのがあるじゃないですか。これならイケる! イケてますぜ!

石碾きそば越水のぼっちそば

民芸品なざるの感じとか、盛り付け方がかわいい。

いただいてみますと、とても好みのタイプでした。大盛りにしとけばよかったと後悔したくらい(プラス200円だったので諦めたのです)。

おしながきには、

店主が修行した「戸隠」流の盛付けかたの二八ざるそば

という説明がありましたが、蕎麦は十割より二八が好きです。

でも、「ぼっち」ってなんじゃろ?

ググってみましたら、「ぼっち盛り」というのがあるのだそうです。Wikipediaの「戸隠そば」から引用しますと、

一つのざるに5ないしは6束、開口部のつぶれた馬蹄形状に盛る形式をいう。ぼっち(束)の数は戸隠内の地域で変わる。

だそうです。なるほど、「ひとりぼっちで食べる蕎麦だから」じゃないんですねw

さらに調べますと、戸隠村(平成の大合併で現在は長野市ですが)には「越水」という地区があるのだそうです。

たぶん、店主の修行先は越水地区のお店で、そこから店名を取ったのかもしれません。おそばが5束(5ぼっち?)なのも、越水地区に由来するのかもです。

しかし、もっと早く行ってればよかったな。こんな美味しいおソバ屋さんが、こんなソバにあっただなんて。‥‥おあとがよろしいようで (^_^;)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:加茂市加茂新田10020-2

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。