三条市 ほっともっと 三条興野店 のり弁当&特製豚汁 / のり弁は、愛情の積層体。

ほっともっとの、のり弁。

ほっともっと のり弁 平日290円 2017-12-13 005

iPhoneのポートレートモードですが、ノリノリじゃなく、なんかこう、そこはかとない哀愁を感じて、自分でジワる (*≧∀≦)ゞ

でも、きんぴらゴボウになぜか思いっきりピントが‥‥きんぴら弁当? その名前だったら買わないなぁ~、きっと (^_^;)

平日290円の特別価格だったので、特製豚汁も付けちゃいました。

ほっともっと とん汁100円2017-12-13 009

お湯を注ぐタイプでなくて、これが完成品。すぐ飲めて便利ですし、あたたまります。野菜も大きめなのがタップリ。

豚汁も特別価格で、通常価格130円のところ、期間限定で100円でした(2017年12月のお話です)。合計390円で、あたたかいお弁当と汁ものをいただける幸せ。まさしく「ほっともっと」って感じ。

そして、心がホットになるのり弁といえば、「のんちゃん のり弁」。

原作はモーニング連載のマンガで、この映画版では小西真奈美さんが主人公の小巻を演じてます。ちなみに昼ドラ化もされてて、そちらの小巻は渡辺 “角川三人娘” 典子さんだったそう。

あらすじはリンク先をご覧いただくとして、岸辺一徳さん演じる調理人が渋い。寡黙だけど愛情の深みを感じる演技でした。岡田義徳さん演じるダメ夫も、実は優し過ぎて弱いみたいなところが説明的でなく表現されてて、良い感じでした。

作中に登場するお料理も、シンプルなのにとても美味しそう。

日本のお弁当って、「愛情が形になってる料理」なのかもです。単なる蛍光色ではありませんよね‥‥って、それマーカー! 携行食!

決して派手な食材でなくても、重なり合うことでひとつの世界を構築している。その完成形のひとつが、のり弁なのかもしれません。

幾重にも重なった海苔こそ具現化された愛情。つまり、のり弁とは愛情の積層体である。‥‥うん、まとまった。

お腹が減って心身ともに疲れたら、ほっともっとののり弁でお腹を満たしつつ、のんちゃんのり弁で心を満たしてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:三条市興野3丁目106-6

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。