燕市 らーめん勝 燕店 背脂中華そば / 「芸術の一杯」改め、「一杯の芸術」?

旧・らーめん華炎な、「らーめん勝(まさる)燕店」。

華炎時代からの人気メニューな勝タンメン(華炎タンメン)も良いですが、初心に帰ってこちらをいただきました。

というか、華炎も勝の系列店でしたので、先祖返り? 原点回帰? 「背脂中華そば」です。

らーめん勝燕店の背脂中華そば

銀色に輝くメタル丼が目を引きます。スープも冷めにくくて、アッチチのツ。いえ、アッチチのチ。

らーめん潤からの独立と聞いておりますが、実際、とても似ています(らーめん潤三条店の中華そばはこちら)。中太麺(燕背脂基準での中太)、タマネギ、岩のりが、潤イズムを継承。

そしてナルト、ナルト可愛いや可愛いやナルト。丼の底のゆずが最後に香ってくるのもグッド。

ちなみに、勝にリニューアルして久しからずや(反語)ですので、当然、壁の店名とかも改修済み。

らーめん勝燕店の外観(2017年12月)

これぞ勝海舟ならぬ「勝改修」なんちって‥‥ん? あれれ?! 「一杯の芸術」? えー!?

近くの燕三条店とかもそうですが、らーめん勝の看板は「芸術の一杯」だったと思います。看板屋さんのミス? 発注のミス? それとも、燕店は気持ちも新たに方針転換?

一杯の芸術と、芸術の一杯。だいぶニュアンス違ってくるような気もするし、同じのような気もするし。うーん。

‥‥まー、どっちでもいいですけども。ですけどもですけども。しゃべれどもしゃべれども(佐藤多佳子さんの小説、大好きです)。

ごちそうさまでした。。。

お店の住所:燕市井土巻2丁目24

追記:「芸術の一杯」についてですが、食べログなどの外観写真には見当たらず、画像検索してみても見つかりませんでした。「一杯の追求」はあったんですが‥‥。記憶違いしてるのかもです。

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。