燕市 らーめんや 天家 チャーハン / 小気味の良い中華鍋を振る音が、最高のごちそうだ。

燕市の「かつてこんなにすばらしいらーめんがあったでしょうか?」で有名な?!「天家(てんか)」です。(^_^;)

ええ、外壁に大きく書いてあるのでなぞってみました。

天家 燕 2017-12-17 011

であればせっかくなので全部、文字起こししておきましょう。
「平日限定ディナー」「生ビール350円 酎ハイ250円」 その脇にも消えかかってますが、生ビールの脇に550円?酎ハイの脇に400円の文字もありますので、平日ディナー以外の通常価格の事なのではないかとご察しいたしております、敬具。(拝啓はなかった癖に)

こちらのお店、夜も大変人気でディナーというか深夜まで営業されてるので、「天家の〆ラーメンまたは、〆炒飯が最高!」と言う話をよく耳にします。
三条の本寺小路にある「どっぽ」もこちらの系列ですので、「燕三条の夜の背脂はお任せあれ!!」という側面も大きく担って頂いてると思います。
自分も「どっぽ」さんでの〆ラーメンやら、〆ハムカツ(なんだ?!〆ハムカツって?)で多々お世話になってます。あれ?今日はお手紙風な文章になっていますね。おかしいなー・・・敬具。

天家 燕 750円 2017-12-17 007

で、背脂ラーメンも良いのですが、天家の炒飯が好きです。(手紙って、ラブレターだったのか!)

「小気味の良い中華鍋を振る音を頼りに、出てくる炒飯を想像しながら待つひと時こそが最高のごちそうだ。」

お、なかなか文学的な一文で着地。 いや、文学的と言うより孤独のグルメ的か?!

天家 燕 2017-12-17 009

ゴロ~♪(ズンチャカズンチャ) ・・・ゴロ~♪(ズンチャカズンチャ)

ごちそうさまでした。。。。

お店の住所:燕市大曲3617-17

投稿者:ユキヒロック

同じ食べ物の記事

同じお店の記事

コメントの投稿

コメントは、管理人の承認後に表示されます。

管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。

メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。

* が付いている欄は必須項目です。

コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。